一人暮らしの部屋選びで失敗しないためのポイントと注意点

春からの新生活に向けて、自分の部屋探しをスタートした方も多いのではないでしょうか?
初めての一人生活にワクワクしていることだと思いますが、部屋選びのチェックポイントはちゃんと抑えていますか?
一人暮らしで失敗しないためのポイントと、その注意点をご紹介します。

部屋探しの時期・エリアをチェック!

flowers-765781_640

進学や就職、転職などが重なり、1月〜3月の時期は問い合わせから申し込みまでのスピードが早く、気に入った物件もすぐになくなってしまいます。
そのため、なるべく早くに物件探しを始めるのが大切です!
次は生活や交通の便を考えて、どのエリアに住むのかを考えましょう。
交通の便が良いエリアや、都心に近くにつれて家賃も上がる傾向にあるので、賃料を抑えたい場合は通学・通勤時間を長くなることを想定しておきましょう。

※部屋選びはココに注意!!※
引っ越し探しを始める前に、引っ越し資金や初期費用を準備してから、もしくは同時に準備をしながら、部屋探しを始めましょう。
せっかく気に入った部屋を見つけても、借りることができなければ意味がありません。

効率的な部屋の探し方をチェック!

magnifier-1714172_640

部屋を探す時は、まずインターネットで探しましょう。
大手のポータルサイトなどを利用し、内見したい部屋を何件もピックアップすると良いでしょう。

※部屋選びはココに注意!!※
①1月〜3月の繁忙期は、人の動きが活発になるので、不動産会社も顧客集めに必死になります。
そのため、「オトリ物件」と呼ばれるサクラ物件を公開していることがあります。
つまり、実際はもう他の人で決まっているのに、家賃やエリアが魅力的な物件をあえて載せているのです。
②フリーレント期間を設けている場合、本当に借主がいなくてフリーレントをしている場合もあります。
しかし、フリーレントと言いながら、が、アクセスが良い場所や、魅力的な部屋だった場合は、他の月の賃料が高くなっている場合があるので、注意しましょう。

部屋の詳細情報をチェック!

ポイントを押さえておきたいのが、この詳細情報!
・敷金、礼金
これは初期費用に非常に関わってくる、絶対にチェックしておきたい項目です!
敷金0、礼金0の物件が魅力的ですが、よーく内容をチェックしてみると、別の名前で同じように請求されている場合があります。
・仲介手数料
一般的に仲介手数料は家賃の1ヶ月分。なのに0.5ヶ月分になっている場合は、その他の項目で上乗せされていないかチェックしておきましょう。
・事務手数料
この費用は、不動産会社が設定しているもので、仲介手数料以外に事務手数料を取ってくる場合は、値段交渉をするべきかも。

まとめ

一人暮らしの部屋を初めて探す時には、さまざまなことを考えないといけないので、初めての人にとってはちょっと大変かもしれません。
そんな時に、ポイントを押さえて探すことで効率的に探すことできるできます。
ぜひ、参考にしてみてください。

追加料金のない明瞭なお見積りはこちら【24時間受付中!】

この記事が気に入ったらシェアしてね!