【こんなに安くなるの!?】会社の引っ越し費用を安くする裏ワザ3選

truck-1501222_640 (2)

一人暮らしの引っ越しの場合、その費用は大体2万円〜5万円以内に収まる事がほとんどです。
しかし、会社の引っ越しとなると、人数分のデスクを運んだり、大型家具やコピー機などの機材を運んだりする必要があり、規模によっては数10万円〜100万円以上かかることもあります。
一度に多くの費用がかかる会社の引っ越し。
なるべく費用を低く抑えられると嬉しいものです。
今回は引っ越し費用を安くするための、引っ越し業者が教える裏技をご紹介します。

会社の引っ越し費用を安くする裏ワザその1:ゴミをリサイクル

shop-791582_640
引っ越しの際に困ってしまうゴミ。
地域のゴミ回収に出せる程度の量であれば問題ありませんが、新事務所への移転をきっかけに、デスクや椅子などを新調する場合、粗大ごみとして処分しなければなりません。
自分たちで自治体のゴミ処分場へ持ち込む場合は、車を借りる費用が必要になり、人員も必要になります。
そのため、処分する際はほとんどが回収業者に依頼する形になりますが、手数料を支払う必要があるため、高くついてしまいます。
(粗大ゴミの処分費用相場)
・冷蔵庫 1,000〜1,800円(自治体) 3,675〜5,250円(回収業者)
・ソファー 1,800(自治体) 3,150〜7,350円(回収業者)
・棚 300〜2,500円(自治体) 3,500円〜(回収業者)
・エアコン 1,300〜9,000円(自治体) 3,150〜7,350円回収業者)
・その他

他にも項目はありますが、これらの処分費用を安くする方法があります。
それは、引っ越し業者に相談するという方法です。
引っ越し業者がリサイクルショップや、粗大ごみ回収業者と提携をしている場合があり、費用をかけずにゴミを処分することができます。

会社の引っ越し費用を安くする裏ワザその2:大型コピー機の移動

copier-686304_640
自社でコピー機を所有している場合も、レンタルの場合も引っ越しの際には自社で運ぶ必要があります。
大型のコピー機を運ぶためには特殊な技術が必要になるため、コピー機が大きいほど一般の引っ越し業者では対応してくれないことがあります。
そのため、初めから「重量物専門の業者」を依頼することになりますが、料金が3万円〜5万円と高くなります。
ですので、一番初めに家具を運んでくれる引っ越し業者に相談をし、見積もりを取ってから他の業者を探すのが良いでしょう。
ここでも、引越し業者が重量物専門の業者と提携していることがあるので、確認してみると良いでしょう。

会社の引っ越し費用を安くする裏ワザその3:電話、無線LANの敷設

network-974505_640
電話や無線LANの敷設は専門の業者が行うことになっていますが、LANの工事やインターネット接続、配線の整理を行うだけで、数十万円以上はかかってきます。
業者によって見積もり金額は変わるため、相見積もりをとることをオススメしています。

この費用についても、引越し業者に相談することで、信頼のおける配線業者を紹介してもらうことができます。

まとめ

今回ご紹介した会社の引越し費用を抑えるポイントは、「引越し業者に相談してみること」です。
自分たちでそれぞれの業者を探し、個別で依頼することが多いかと思います。
スタームービングの場合は、事前に相談をしていただくことで、ワンストップでの対応が可能です。
また、スタームービングは手数料をほとんど取らないため、トータルコストを安く抑えることができるのです。
会社の引越しをお考えの際は、まずご相談ください。

オフィスの引越しのお見積りはこちらからどうぞ【24時間受付中!】

truck-1501222_640 (2)

この記事が気に入ったらシェアしてね!