本社移転の担当者必見!移転登記と各届出をチェック!

bill-636349_640

本社を移転したら2週間以内に移転登記をする必要がありますが、届出の中には2週間より早く提出期限を設けているところがあります。

移転登記と各機関への届出についてチェックしておきましょう。

移転後すぐに!法務局・税務署への届出

移転後、まず「法務局・税務署への届出」を行う必要があります。
法務局へは移転後2週間以内に移転登記して「登記内容(登記事項証明書)」を変更しなければならないと会社法により定められています。

怠った場合は100万円以下の過料に処される場合がありますので気をつけましょう。
変更登記の申請をし、反映され登記事項証明書の取得ができるまで3~4日はかかるので余裕をもったスケジュールで動くことをお勧めします。

税務署へは「異動事項に関する届出」及び「給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出」
を異動後速やかに行わなければいけません。法務局と同時に済ませてしまいましょう。

窓口以外に郵送、インターネットを利用して電子的に手続が行えるシステムe-tax(イータックス)で届けることができます。

移転後5日以内に!年金事務所への届出

agenda-1928419_640

「年金事務所への届出」は移転後5日以内に申請が必要です。
年金事務所には「法人の設立・設置・変更等に伴う届出(異動届)」を行います。

年金事務所の管轄内への移転の場合と管轄外への移転の場合では手続きに異なる部分があるので注意しなければなりません。

bill-636349_640

この記事が気に入ったらシェアしてね!