キレイなオフィスに新鮮な緑はいかが?オススメの観葉植物を紹介!

リラックス効果や空間の演出効果を求めて、オフィスに観葉植物を置いている会社は多くあります。
また、ここ数年でオフィス移転の際、新たに観葉植物を置く需要も増えつつあります。

そこで置く場所別にオススメの観葉植物をご紹介します。

エントランスにオススメの観葉植物

inside-1499607_960_720

エントランスはなんといっても会社の顔です。
そのため高級感や安定感のある観葉植物がオススメです。

オフィス移転の際に選ぶ観葉植物として例えばスタイリッシュなアレカヤシや、インパクトの大きいオーガスタ、成長発展の象徴ともされるユッカなどが良いでしょう。
アレカヤシは空気清浄効果や、加湿効果も期待できます。

また大きさも様々なサイズがあるので、エントランスの規模に合わせて選びやすい植物です。
オーガスタはシルエットが美しく、置く場所を選びません。

ユッカは耐陰性、耐寒性に優れているので特に手間のかからない植物です。
また鉢を陶器などにすることで高級感を演出できます。

応接室・会議室にオススメの観葉植物

office-space-1744801_960_720

応接室や会議室には通行の妨げにならないようにコンパクトなタイプの観葉植物がオススメです。
逆に大きめの応接室や会議室、商談につかう部屋には存在感のある観葉植物を置いたり、仕切りの代わりとして置かたりすることもあります。

丈夫な性質のオーガスタや、笹を思わせる細長い葉が特徴のコンシンネ、バリエーションが豊富なパキラなどが良く選ばれています。
コンシンネは比較的育てやすい品種で明るい場所を好みますが、強い光だと葉やけを起こすのでレースのカーテン越しに日の光があたる窓際に置きましょう。

パキラも育てやすくそのバリエーションの豊富さから和・洋どちらの雰囲気にもよく合います。こ
ちらも明るい場所を好みますが、強い直射日光があたる場所は避けましょう。

オフィスフロアにオススメの観葉植物

plant-1081856_960_720

業務を行うオフィスフロア内には目線の高さ程度の邪魔にならないものを置くのがオススメです。
また小さいサイズのものをデスクの上に置いたりするもの良いでしょう。

フロアに置く植物ですと、パキラ、アルテシーマ、ユッカ、サンセベリアなどが人気です。
アルテシーマは淡いグリーンで目に優しく、耐陰性があるのでどこにおいても管理がしやすい植物です。

サンセベリアは真っすぐの葉がスタイリッシュで空気清浄効果が期待できるので、オフィスでの癒やしに適しています。
デスクの上に置く植物は、ポトス、アイビー、多肉植物などがコンパクトです。

ポトスはとても丈夫なので半日陰においてもOKな植物です。
下に垂れる性質をもっているので、壁掛けなどにもオススメとなります。

アイビーもとても丈夫で耐寒性に優れているので手間がかかりません。
多肉植物は乾燥に強いため、こまめに水やりがいらずとても手間のかからない植物です。

バリエーションがとても豊富なのも魅力です。

まとめ

オフィス移転の際に観葉植物を置くことは、単なる空間の演出だけではなく、リラックス効果や空気清浄効果も期待できます。
置く場所に気をつけて日々のリフレッシュを図りませんか?

【無料レポート】失敗しない「引越し」マニュアル(個人編)

あなたは引越しで、こんな間違いをしていませんか?

・引越し料金の高い時期、安い時期があることなんて知らなかった・・・

・引越しでクレジットカードが使えるなんて、知らなかった・・・

・引越しで大切な荷物を紛失してしまった・・・

・子どもが生まれて、引越しするタイミングがなかなか分からない・・・

あなたは知っていますか?

引越しは事前にちょっとした知識を持つことで、通常よりも安く引越しできたり、トラブルを未然に回避することも可能なんです。

スター引越しセンターでは、人生に数回しかないイベントである引越しという作業をただ機械的に荷物を運ぶだけのつまらないイベントにするのではなく、少しでも楽しく新しい環境へ送り出すイベントにしたいと考えております。

ぜひ、引越し前にこの知識を手に入れて、失敗しない引越し、新しい環境への第一歩となる引越しとなるよう、この知識・情報を役立てていただけたらうれしく思います。

この記事が気に入ったらシェアしてね!