【電気やガス・水道etc】引っ越し前に早めにやっておくべき手続きとは?

kitchen-1756631_640

「どうしよう、、手続きし忘れた」

引っ越しに伴い手続きの段取りを立てないと、せっかく新居に引っ越したのに、水道や電気が使えない!という悲惨な状況になってしまいます。
引っ越し直前になって慌てないために、早めの手続きがオススメです!

今回は早めにやっておくべき手続きについてご紹介します。

電気・ガス・水道などの生活インフラ

引っ越しの際、これらの手続きはいつするのが良いのでしょうか?

引っ越し前、つまり引っ越し日の1ヶ月から2週間前に手続きを済ませるのがオススメです。

日が近くなってからじゃないと、手続きができないと思っている人がいますが、実は結構前から手続きはできるのです。

早めに手続きすれば、引っ越し直前になってバタつくこともなくスムーズに新居での生活ができます。

これらの手続きは「同時に済ませること」がポイントです。

電話・インターネットで手続きがとれるので引っ越し予定日をそれぞれの管轄機関に伝えましょう。

連絡先がわからない場合下記サイトを参考にしてください。

電力会社一覧

一般社団法人日本ガス協会

全国水道局ナビ

住民票など役所への手続き

office-620822_640

住民票の取得は土日でもできますが、転出、転入届は平日しか受理されません。

前の役所で申請を忘れると申請ができず、役所の間を行ったり来たりしなければなりません。

いつ、どの書類を申請して、その後にどこへ行って申請するのか把握しておきましょう。

・転出届
(引っ越し前の役所で申請します。1ヶ月前に郵送で申請をされることをオススメします。郵送であれば、役所で長時間並ぶ手間も省け、早めに転出届を手に入れることができます。)

・転入届
(引っ越し先の役所へ転出届を持って行きます。転入届けは郵送での手続きができないので、役所へ直接行きましょう)

・運転免許証
(引っ越し先を管轄している「警察署」か「運転免許センター」へ、自分の運転免許証と、新しい家の住民票を持って行きましょう。)

その他の手続きに必要なことは?

writing-828911_640
・国民年金
(第1号被保険者の場合、引っ越し後の市区町村の役所の中にある、国民年金担当課で手続きをする必要があります。国民年金手帳と印鑑が必要になります。)

・印鑑登録
(同じ市区町村内での引っ越しの場合は、住所の異動届けの際に印鑑登録の住所が変更になります。しかし、引っ越しが現在の市区町村と異なる場合は早めの申請が必要です。)

・車庫証明
(車を所有している場合、車庫証明の内容変更手続きが必要になり、車の保管場所の見取り図や配置図、自動車登録番号、車名、型式、車台番号が必要です。駐車場の管理会社や大家さんに記入してもらう必要がある場合もあるので、早めにお願いしておきましょう)

まとめ

引っ越しに伴い手続きはたくさんあります。

ギリギリになると荷造りや掃除でバタバタとしてしまい、手続きを忘れてしまうので、1ヶ月から2週間前までに手続きを済ませておきましょう。

追加料金のない明瞭なお見積りはこちら【24時間受付中!】

kitchen-1756631_640

この記事が気に入ったらシェアしてね!