お見積もりはこちらからどうぞ

【こんなバレンタインデーは嫌だ!!!】

こんにちはスター引越センター広報担当ひろみです。

みなさん、バレンタインデーももう一ヶ月となりました。

ちょっとソワソワしている方もいるのではないでしょうか?

先日友人と話していて、こんなバレンタインデーは困るというのが話題に出ていたので、記事にしてみました。

 

義理チョコはほぼアジアのみ!

先日オーストラリア・ヨーロッパの人たちと話をしていたら、「日本では好きでもない人からチョコレートもらえるんでしょ?」と言われました。「??」

なんのことだろうと思ったら、いわゆる「友チョコ」「義理チョコ」のことでした。

海外では、基本は男性から女性に渡されるイベントで、彼女・奥さん・お母さんや女兄妹に渡すのがメインです。

たまに同僚や上司などに感謝のイベントとして渡される場合もありますが、女通しの友チョコ・義理チョコというのは、アジア圏のイベントということを初めて知りました。

 

高すぎるチョコは逆に迷惑

高すぎるチョコレートはお返しが困る・・・

というのが、男性の本音でもある様です。

みなさん、お値段の高すぎにはご注意ください。

 

安すぎるチョコも困る

本命なのか、義理なのかわかりずらい値段の安価なものも困る様です。

安価のものを送る際は、手紙などを添えると分かりやすいのかもしれませんね。

また、本命の方にあげる場合はやはり、手作りがいいんでしょうかね?

難しいところですね。

バレンタインデーが禁止の会社も・・・

私が以前働いていた会社はバレンタインにチョコレート、贈り物を渡すのは禁止されていました。

逆に上司も気を使うし、部下も気を使う。

無駄な出費も気遣いもいらないという考えの様でした。

実は、参議院も禁止!の様ですよ!

 

バレンタインデーに関する偽法案

以下、Wikipediaより抜粋

2005年に「特定菓子贈与禁止法」(反バレンタインデー法)なる法案が成立した。という偽の情報がネット上に流れた。これは全くの嘘であり実際にはこのような法も存在しない。初めて出回ったのは日本最大の掲示板サイト「2ちゃんねる」であるとされ、「参議院は7日、特定の日に特定の目的をもって菓子類を他人に贈与することを禁止する法案を全会一致で可決した。」などと書かれた新聞記事風の画像が元ネタであるとされている。これはバレンタインの風習をやめたい・やめたらいいのにと思う人が生息していることを物語っていると指摘するサイトもあった。

追伸:他のページより抜粋

参議院は7日、特定の日に特定の目的をもって菓子類を他人に贈与することを禁止する「特定菓子贈与禁止法案」(反バレンタインデー法案)を全会一致で可決した。

私は全く知らない法律だったのでみなさまの、お話のネタにいかがでしょうか?

 

結果、見てみると男性も「贅沢な悩み」が多いような・・・w

貰えることも嬉しいという「感謝」の気持ちも忘れずに★

もちろんこんなバレンタインデーは嫌だ!というのは、個人によって異なりますので、困らない方も多いと思います。

 

ちなみに弊社ではスタッフがチョコレートあげるのは禁止されていません。w

 

もちろん、バレンタインデーも休まず営業しておりますよ!

どんどんお見積もりお待ちしております!

 

≪お見積り無料です!≫
お気軽にお問い合わせください♪
お引っ越しのご用命は、スター引っ越しセンターへ♪

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v

個人のお引っ越しはこちら http://www.star-hikkoshi.com/
オフィス移転ならこちら https://www.starmoving.jp/office/index.html