【耳かきは必要なのか?正しい耳かきの方法は?】

おはようございます。スター引越センターひろみです。

皆さん、なぜか花粉の季節って耳垢がたまりませんか?

たまに、そとの砂が多い場所に行った時も耳の中が痒くなったり・・・

実は「耳かきは必要ない」?

本当なのでしょうか?皆さんはどう思いますか?

YES か NO!心の中で決めましたか?w

結果は・・・後ほど!

耳かきは必要?

耳掃除は、自分でやっても、人にしてもらっても気持ちの良いものですよね。

そう思っている人も多いかもしれませんが、実は健康な人であれば、耳掃除は原則不要で、掃除目的で耳に何かを突っ込むことによって、かえって耳垢が奥へと押し込まれて耳の中を塞いでしまう(=耳垢塞栓:じこうそくせん)可能性があります。

なので、必要はありません。と言ってもしたいよ!という方ぜひ、この後のブログをお読みください。

 

耳垢は放っておいても外に出てくる

実は耳あかは単なるゴミではありません

もちろん、はがれ落ちた古い皮膚なども含まれますが、抗菌作用のあるタンパク質が含まれていて細菌の繁殖を抑えたり、虫や異物が耳の奥まで入ることを防いだりする働きもあるため、たとえ耳あかがあっても問題はありません。

耳あかは耳の穴から鼓膜までの「外耳道」という部分の外側1/3で作られます。身体の仕組みは良くできていて、作られた耳あかは奥から外側に向かって自然に移動していきます。耳の穴の近くまで出てきた耳あかは、食事や会話などで顎を動かしたり、寝ている間に寝返りをしたりすることで、自然に耳の外に出てきます。

つまり、大人の場合にはほとんど、耳かき(耳掃除)は必要ありません

湿っているタイプの耳垢(湿性耳垢)であっても、移動している間に乾いて、自然に耳の穴から外に落ちます。

したがって、健康な状態であれば、耳掃除の必要は全くないようです。

掃除をするなら耳の外側を布で拭く程度にとどめ、耳の中にモノを入れるべきではないのですそうです。

しかし、耳垢の自然排出が妨げられた場合には、外耳道の中にたまってしまいます。

例えば、補聴器の日常的な使用や、綿棒や耳かきなどを用いた掃除は、耳垢の蓄積を引き起こします。

専門医が診察した際に、鼓膜近くに詰まっている耳垢が見つかれば、綿棒などで誤って押し込んだものと見なされます。

耳垢が本来あるべき場所より奥に押し込まれると、自浄作用が働かないため、さまざまな症状が現れる可能性があります。

 

耳かき(耳掃除)が必要な人はどんな人?

大人の場合には耳あかは自然に排出されるため、耳掃除はほとんど必要ないですが、中には耳掃除をした方が良い人もいます

赤ちゃん、高齢者、生まれつき外耳道が狭い人、耳の手術を受けて外耳道の構造が通常と異なる人などでは、耳あかが自然に排出されにくく、耳掃除が必要なことがあります

この場合、掃除は自分で行っても良いですが、耳鼻咽喉科へ受診すると、耳あかを直接見て掃除をしてもらえるので、より安全な耳掃除を受けられます。

耳あかの性状によっても排出されやすさが異なります。

日本人の約8割は乾いた耳あか(乾性耳垢:かんせいじこう)で、残りの2割が粘っこい耳あか垢(湿性耳垢:しっせいじこう)だそうです。

乾性耳垢の場合には、自然に耳の外に排出されやすいので耳掃除はほとんど必要ありません

一方、湿性耳垢の場合には、自然に排出されないこともあるので、2〜4週間に1回程度の耳掃除をしても構いません

耳あかが大量に溜まって耳が聞こえにくくなったというエピソードを聞いたことがあるかもしれません。

これは耳垢栓塞(じこうせんそく)と呼ばれる病気ですが、耳掃除をしないことが原因ではなく、ほとんどの場合、間違った耳掃除で耳あかをどんどん奥に押し込んでいることが原因です。

しかし、高齢者では耳の自浄作用が低くなったり、耳あかが硬くなったりすることで、奥に詰まってしまうこともあるため、難聴や耳の詰まり感などが気になった場合は耳鼻咽喉科に相談してみるといいそうです。

 

耳がかゆいのはなぜ?

耳掃除は耳あかを取るためではなく、耳がかゆいから行うという人もいるかもしれません。

でも実は、この耳のかゆみは耳あかのせいではなく、の場合は耳掃除をしすぎることで起こります

綿棒や耳かきで外耳道を触ると刺激で炎症が起こり、その場所に炎症を起こしたり悪化させたりする細胞がますます集まってかゆみを起こす物質を出して、さらにかゆみを引き起こします。

耳かきをすることで、耳のかゆみの悪循環を作ってしまっているのです。なので、耳掃除をしすぎないことが重要です。

 

耳垢がたまって痛みが出てきたら受診を

耳垢が問題となるのは、外耳道の奥に耳垢がたまって外耳道を塞ぎ(耳垢塞栓)、耳の痛み、耳閉感(耳が塞がったような感覚)、聴力低下、耳鳴り、かゆみ、耳だれ、咳などの症状が現れた場合と、鼓膜の検査を行う必要があるのに、耳垢が邪魔して鼓膜の状態がよく見えない場合です。いずれも専門医の受診をした方がいいみたいです。

耳垢塞栓も自然排出されることがあるため、しばらく待ってみる、という選択肢もありますが、掃除が必要となれば、専門医は、耳鏡や顕微鏡を利用して耳垢を除去します。

鉱物油やグリセリンをたらして耳垢塞栓を柔らかくしてから除去する場合もあります。

 

耳垢が気になって仕方がない人はどうすれば?

耳掃除をすべきでないとはいっても、耳垢がたまりやすいタイプの人はどうすればいいのでしょうか。

高齢者、外耳道が狭い人、補聴器使用者、耳栓使用者などには耳垢塞栓ができやすいことが知られています。

「塞栓を予防する方法は無いそうですが、耳垢が非常に多い人、耳垢塞栓を繰り返している人、補聴器などを使用している人は、6~12カ月ごとに専門医を受診し、予防的な耳掃除をしてもらうとよいのではないか」とされています。

また、耳の病気を防ぐためには、補聴器などのイヤホン部分を清潔に保つことも重要です。

 

思わず使いたくなる綿棒は実はNG

一番よく使われているのが綿棒。やわらかい綿棒は耳にぴったりと思うかもしれませんが、パッケージにはしっかり、耳の奥に入れるとケガにつながる恐れがあるのであくまでも耳のまわりのみに使うことという注意書きがあります

また、「実は耳には4種類の脳神経が通っているのです。とても狭い範囲にこんなに神経が密集しているので、とても敏感になります。だから、綿棒のソフトな刺激をとても心地よく感じる人もいるようです。」

綿棒を使うことで耳垢を奥に追いやることになることもあるようです

そして鼓膜の近くにたまると耳の聞こえも悪くなってしまいます。こうなってしまうと、耳垢はかたくなり、固まってしまい病院でとってもらわなくてはいけなくなるかもしれません。病院では吸引機などの専門の器具もあるので、顕微鏡を見ながら正しく耳の掃除をする方が安心ですね

 

耳垢はそのままにしておいたほうがメリットがある?

耳垢は実はよいもので、バクテリアを殺してくれたり、肌を保湿してくれたりするのだそうです。耳垢はべたべたしているので、たとえば虫などが耳のなかに入ってしまっても、虫をつかまえてそれ以上奥に行かないようにしてくれるのです。もちろん、耳に虫が入るのはなかなかないことかもしれませんが、そういったものが奥に行ってしまうことを防ぐ役割を果たしてくれるのです。

 

綿棒よりもっと安全な耳掃除の方法

しかし、「どうしても耳掃除がしたい!」という人もいると思います。その場合は2〜4週間に1回程度にしてください。
耳の奥の方は痛みがあることと、鼓膜を傷つける可能性があるので、綿棒などの先端1cm程度を入れて、優しくかき出すように掃除をしてください。

ひとつ目は、オキシドールを使うことです。

耳垢がたまっていると思うのであればこれを試してみてください。

週に1回、70%のイソプロピルアルコールで消毒をすれば、耳垢がたまるのを大幅にふせげるとのこと。オキシドールを数滴たらすことで、耳垢をやわらかくすることができるので、耳垢がとれやすくなるのです。やわらかくなれば、かんたんに外耳まで出てくるので、安全に取りのぞくことができます。

ちなみに、一部で取りあげられることのあるキャンドリングなども、耳鼻科医学会には推奨されていません。空洞の円錐形になったイヤーキャンドルを耳に入れて耳垢を取るものや、それ以外のドラッグストアにあるような耳掃除の道具はどれも危険なのですすめていないそう

もうひとつの安全な方法は、ティッシュを指に巻く方法です。どうしても耳の穴を掃除したいのならこの方法ならやさしく掃除をするといいようです。これを使って耳の周りや耳の入り口を掃除するのなら、綿棒よりは安心のようです。

「ただし、小指で耳の奥まで入れようとはしないように」。それ以外は、タオルで耳の外側をやさしくふいてみるくらいがちょうど良いみたいです

 

いかがでしたでしょうか?

耳かきってなんとなく、気持ちがいいので、綿棒を使いたくなりますよね。

少し耳かきのやり方を改善してみるのもいいのかなと思いました。

皆さん、引越以外にもいろいろな情報が盛りだくさんの、スター引越センターのブログなので、

ぜひ他のブログにも目を通してみてください。

あなたの明日からの豆知識にお役立てください。

それでは今日も素敵な1日をお過ごしください!

≪お見積り無料です!≫
お気軽にお問い合わせください♪
お引っ越しのご用命は、スター引っ越しセンターへ♪

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v

個人のお引っ越しはこちら http://www.star-hikkoshi.com/
オフィス移転ならこちらhttps://www.starmoving.jp/office/index.html

 

参考:https://bouncy.news/34056

投稿者プロフィール

ひろみ
ひろみ広報担当
スタームービング広報担当のひろみです。
好きな事は旅行!常に休みの日はどこかに行っています。
海やスポーツも大好きなアクティブ女子です!

この記事が気に入ったらシェアしてね!