引越し先の気になる臭いについて

引越しする事が決まり内見に行くと、臭いが気になる事があります。

1人暮らしでもファミリーでも引越しでも、せっかくいい物件でも臭いが気になると、なかなか気は進まないはずです。

そういった場合は、不動産に相談するのが一番ですが、内見時には気づかなかったが住み始めてから臭いが発生する事もあります。

そこで今回は、移転先の気になる臭いの原因と対処方法についてまとめてみました。

自身で対処ができる臭いの場合

気になる臭いと言っても、その原因は様々です。引越し後にご自身で対処できる場合もあります。もし内見時に気付いた場合はすぐに不動産に相談しましょう。

住み始めてからの臭いの場合は、ご自身で対処ができる場合もあります。

排水口がドブ臭い

長く使っていない家の排水口がドブ臭くなる事があります。排水口が臭いとなかなか自身で対処ができないように思えますが、これは水を流すだけで解決する場合があります。

通常排水のパイプはカーブしていて途中で水が溜まるようになっていて、臭いや虫の侵入を防いでいます。しかし長く使われていないと水が蒸発して、臭いが出てきてしまう事があります。

水を流したり、パイプの汚れ取りを行っても臭いが取れない場合は、管理会社や大家さんに相談してみましょう。

エアコンの風が臭う

エアコンの臭いは内見の時だとなかなか気付きにくいです。エアコンが臭う時は、部屋のカビやほこりが原因の事がほとんどです。

まずエアコンのフィルターの掃除をしましょう。それでもカビっぽい臭いがする時は洗浄スプレーなどで内部の掃除をしみましょう。

それでも改善しない場合は、業者に一度相談してみるのもいいかもしれません。

押入れやクローゼットがカビ臭い

押入れやクローゼットは、長時間締っ切っている場合が多いのでカビ臭くなりやすいです。

こういった場合は、扉を開けて換気をすると臭いがなくなる事が多いです。壁にカビなどがあるようでしたら取り除いてしまいましょう。

科学製品の臭い

リフォームしたてや新築の家の場合だと、化学製品の臭いが残っている事が多くあります。

塗料などが臭いの原因で、臭いが籠ってしまっています。こちらもクローゼット同様換気を行う事で臭いが軽減されます。

自身では解決が難しい臭い

上記のように臭いが気になる場合でも、自身で解決ができる事もありますが、そうではない場合もあります。

臭いが染み付いていたりすると掃除だけでは長年の臭いは落ちません。

ペットやタバコの臭い

前の方がペットを飼っていたり、タバコを吸っていると臭いが染み付いて、なかなか落ちません。

壁紙を張り替えていない場合は、恐らくタバコを吸われない方や臭いが気になる方は、内見の時に気付くかと思います。

しかし壁紙を張り替えた状態で臭いが気になる場合は、壁の内部にまで臭いが染み込んでいる可能性が高いので、完全に臭いを落とすのは難しいかもしれません。

気に入った物件でこういった場合は、不動産とよく相談をするのがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。短く住む場合でもお部屋の臭いが気になる場合は、快適に過ごす上でも早めに対処しましょう。

本当に気になってどうしようもない場合は、別の物件にした方が快適な生活を行えるかもしれません。

ファミリーの引越し日の場合は、自身以外が気になるかもしれませんので、その辺りも注意してください。