【おばあちゃんの知恵を使って掃除をする】

おはようございます。

スター引越センターひろみです。

皆さん昔のおばあちゃんの知恵ってすごくないですか?

物が溢れている世の中ですが、その溢れているものも、おばあちゃん世代からの知恵があるからより良いものになっているんだなと最近感じますよね。

特に「昭和⇨平成⇨令和」と感じた中で、

昔ながらの知恵について少し調べてみました。

 

米のとぎ汁で汚れ落とし&臭い消し

魚の生臭さが消えずに困っている食器や鍋は、米のとぎ汁の中に浸けておきましょう。米ぬかには汚れやニオイを取る働きがあるので、効果はてきめんです。

食器洗いにも昔の人は米のとぎ汁を使いました。洗剤代わりにとぎ汁で洗うだけで、汚れが本当によく落ちるのです。また、とぎ汁には密閉容器のニオイ消しの効果もあります。

さらに、洗剤を使わなくていいので手荒れの心配がないというだけでなく、とぎ汁の保湿効果が手に表れることも期待できるので、女性にとってはまさにいいことずくめの方法といえるのではないでしょうか。

じゃがいもの皮でコップの振り洗い

細くて底まで手が届かず、洗うのにひと苦労するガラスのコップにジャガイモの皮と水を入れて振り洗いすると、ジャガイモのでんぷん質が汚れを吸収してくれます。また、皮のほうはタワシの役割を果たしてくれます。

新聞紙で窓を拭く

新聞紙で拭くだけで汚れ取り&ワックス効果が同時にかかります。特に、曇りの日は汚れが湿気を含み取れやすくなっているそうです。

電気ポットの掃除はレモンを使う

毎日使うと湯あかがついてしまう電気ポット。こまめに洗えば性能の低下を防げるので、電気代の節約にもつながります。細かい部分を洗うのが面倒な場合は、レモンを使って湯あかを落とす方法を試してみましょう。

水1.8リットルに対して、レモン汁大さじ3杯または酢1カップをポットに入れて沸かします。そのまま一晩おき、翌朝なかの水を捨ててスポンジで内側を軽くこすると湯あかがキレイに落ちます。湯あかを落とす材料はすべて口にしても大丈夫なものなので、すぐにお湯をわかすことができます。

家電の掃除は重曹を

冷蔵庫の庫内は低温だからといってあまり掃除をしないでいると、細菌が繁殖してにおいのもとになるので、こまめな掃除が必要です。水拭きしただけでは落ちにくい食品などの汚れには、重曹水を使いましょう。

重曹大さじ2杯を水500ccに溶かして霧吹きに入れます。このとき、しっかり溶かすことがポイントです。汚れの気になるところに重曹水をかけて、乾いたタオルや手ぬぐいで拭き取ります。重曹は弱アルカリ性で、油汚れなどの酸性の汚れを落とす働きがあり、こびりついた冷蔵庫の汚れも落とすことができるのです。また、においや湿気を吸収する働きもあるので、冷蔵庫特有のにおいも気になりません。冷蔵庫だけでなく、電子レンジやガスコンロなど、重曹水はさまざまな場面で活躍します。

伝線したストッキングは掃除用具に

伝線したストッキングは、はたきやたわしとして使いましょう。はたきは、ストッキングを適度な長さに切って束ねて、紐で先を結びます。ストッキングの静電気がほこりを吸着してくれるので、ほこりが舞うこともありません。たわしは三つ編みをして丸状に束ねます。ストッキングの目が細かいので、洗剤なしでも汚れがよく落ちて便利です。足に履いていたストッキングでお皿を洗うことに抵抗がある方は、靴の手入れに使うのもオススメです。汚れを落としてくれるのはもちろん、靴が傷つかないので、革靴にも使うことができます。

おもちゃの掃除はクエン酸

クエン酸水をバケツにつくって30分つけ置き後、よくすすぎ、タオルで拭いてから乾燥させます。除菌効果もあるそうです。

いかがでしたでしょうか?

お掃除の方法はいろいろあるかと思いますが、昔の知恵を活用する事で、手にも環境にも優しく掃除ができるようになりますよね。

ぜひみなさんもお試しください。

 

≪お見積り無料です!≫
お気軽にお問い合わせください♪
お引っ越しのご用命は、スター引っ越しセンターへ♪

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v

個人のお引っ越しはこちら http://www.star-hikkoshi.com/
オフィス移転ならこちら https://www.starmoving.jp/office/index.html

投稿者プロフィール

ひろみ
ひろみ広報担当
スタームービング広報担当のひろみです。
好きな事は旅行!常に休みの日はどこかに行っています。
海やスポーツも大好きなアクティブ女子です!

この記事が気に入ったらシェアしてね!