【なぜサングラスが必要なのか?紫外線があなたの目を奪う?】

おはようございます。

スター引越センター広報担当のひろみです。

最近車の運転の際は、サングラスをよくするのですが、車に乗っていると結構サングラスしている方が少ないように感じます。

ということで、今回はサングラスの重要性!についてお話ししますね。

紫外線が強いです!

日差しが強くなるにつれて気になる紫外線(UV)。特に5月から9月は紫外線が強い時期とされています。しかし実際は夏だけでなく、季節に関わらず12月以外のすべての日中に、日焼け止めや帽子の着用が推奨されるほどのUVが降り注いでいることが、気象省のデータとして発表されています(※)。

※出典元:気象省 http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/cie_graph_monthave.html

目から日焼け

UV対策というと、肌や頭皮などに日焼け止めを塗ることがはじめに思い浮かぶ方が少なくないのではないしょうか?肌のUV対策は、日焼けや皮膚疾患を防ぐためにもちろん重要ですが、じつは、目に対しても同じように対策をしないと、日焼けと同じ症状を引き起こしてしまうのです。

目から入るUVが肌にも悪影響

なぜ、目からUVが入ると日焼けのような症状が起きるのでしょうか。脳は目から入った光によって、見ているものの明るさや色、形などを判断します。光の一種であるUVが目に入ると、同じように脳に伝わりますが、UVは光の中でもエネルギーが強いので、脳が「強い日差しが目に入ってきた」と判断してしまいます。そのため脳は、身体がその日差しに負けないように、肌にメラニン色素を出すように命令を出します。このメラニン色素が、ご存知のとおり肌の色を浅黒くさせる原因です。このような仕組みで、肌に直接UVが当たったときと同じように「目からの日焼け」が起きると言われています。

目にUVが入ると日焼け、シミやソバカスの原因になることに加え、思わぬ目のトラブルにつながる可能性もあります。

UVは目の中で蓄積されるため、ドライアイや充血の慢性化や、白内障を引き起こすリスクもあります。目は、交換できない臓器と言われています。デンタルケアや食生活で歯や内蔵の健康を意識するように、生涯健康でよく見える目を保つために、目のUVケアは非常に大切です。

そこで、今回は、目を紫外線から予防!

サングラス!!が大活躍です!

サングラスの選び方

「UVカット率」と「UV透過率」です。UVカット率は、文字通り「どれだけUVをカットするか」を示しています。反対にUV透過率は、「どれだけUVを通すか」を表したものです。

店舗やメーカーによって「UVカット率99%」や「UV透過率1%未満」など、表記の仕方が違うことがあるので、覚えておくと良いでしょう!肌とは違って日焼け止めを塗ることができない目のUVケアには、サングラスが有効です。

ただし、UVカット機能がついているかどうかは必ず確認するようにしましょう。安価のサングラスには、UV効果が入っていない物が多いです。しっかりとチェックしてから購入を検討しましょう。

 

レンズは色が濃い方がいい?

 

レンズの色によって目への影響が変わります。濃い色のサングラスをかける(視界が暗くなる)と瞳孔が開いてしまうため、目に光が入りやすくなります。そのため、もしUVカット率が低く、色が濃いレンズの場合は、逆にUVの目への侵入度が上がります。

UVカット率が高ければ、色が薄いレンズでもしっかりと目を守ることができるので、より自然な見え方の色が薄いレンズを選ぶのもおすすめのようです!

 

なぜ外国人の人はサングラスをするのか?

ここで、疑問!w

なぜ、外国人の人はサングラスをされていることが多いのでしょうか?

基本的に日本人も欧米人もサングラスをしないことによるリスクはあまり変わりません。

しかし、欧米人だけでなく、日本人と外国人ではサングラスの普及率でみるとかなり差があります。

その理由として挙げられるのがやはり「文化」の違いでしょう。
日本ではサングラスをすると人相が悪くなるというイメージを強く持っています。

また、日本文化特有の「礼儀」に反する傾向にあるようです。
例えば、目上の方にサングラスをしたまま会話すると怒られますよね??

外国では「なぜ、怒られているんだろう?」と不思議に思うようです。
また、日本で車の運転をする仕事でも仕事中ということでサングラスを禁止されているところもあるようです。

外国では、車を運転する仕事全般においてサングラスをすることは、自然なこととされていますし、むしろ安全に運転するためには必要なアイテムとされています。

また、外国と日本を比較した時の、サングラスに対する目的意識に大きな差が・・・

日本においてサングラスとは「ファッションアイテム」で、選ぶ基準も、主に格好重視。
特にひと昔前はサングラスをかけることで人を寄せつけない雰囲気を出したり、人を威嚇する見た目にするための演出に使われたりという理由で選ばれていたファッショングッズのひとつでした。

という訳で、日本文化の「礼儀」や「作法」といったものから弾かれ、サングラスが公式の場では着用の難しいファッションアイテムになってしまったのではないでしょうか。

ちなみに外国では、純粋に光に対し有効性を認識している上でサングラスという道具を必要としていました。

目の紫外線被害は、深刻な視力低下を引き起こす、深刻な問題です。
瞼裂斑、翼状片、白内障、紫外線角膜炎など、紫外線による目の病気は意外と多く、世界保健機構(WHO)でも、皮膚の日焼け同様その危険性を訴え続けているほどです。

皆さん、運転の際、長時間の外出などは、サングラスをしっかりと着用して、自分の目を守りましょう!

それでは、今日も楽しい一日をお過ごしください。

≪お見積り無料です!≫
お気軽にお問い合わせください♪
お引っ越しのご用命は、スター引っ越しセンターへ♪

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v

個人のお引っ越しはこちら http://www.star-hikkoshi.com/
オフィス移転ならこちら https://www.starmoving.jp/office/index.html