お見積もりはこちらからどうぞ

レモンのもたらす効果。疲労回復や食欲コントロール効果も!?

レモンのもたらす効果。疲労回復や食欲コントロール効果も!?

おはようございます。スター引越センター広報担当のひろみです。

みなさん、蒸し暑くなってきて、「体のだるさ」を感じていないでしょうか?

暑い夏、ひときわおいしく感じるのがレモンフレーバー。健康的な食事として評価が高まる地中海食にもレモンは不可欠。肉、魚介、野菜など、どんなメニューにもレモンが組み合わせて食べられています。

最近ではビタミンCによる美容効果だけでなく、骨密度の低下やメタボ対策食材としても注目されるレモンについて見ていきましょう。

10世紀から愛されるスーパーフルーツ

レモンといえば「ビタミンC」というイメージがありますが、それだけではありません。 レモンの「すっぱい」の元になるクエン酸は、疲労回復に欠かせない成分です。

レモンといえば「ビタミンC」というイメージがありますが、それだけではありません。レモンの「すっぱい」の元になるクエン酸は、疲労回復に欠かせない成分です。

カルシウムなどのミネラルを溶けやすい形にする“キレート作用”にも注目が集まっています。

レモンに含まれるポリフェノールの一種、エリオシトリンやヘスペリジンは優れた抗酸化作用を持ち、生活習慣病の予防に効果的と言われています。

また、レモンの酸味は塩味を引き立てるため、減塩時に使うと塩分をより感じることができ、満足度もアップ。さらに、レモンの香り「リモネン」にはリラックス効果があると言われ、忙しい女性の“食べるアロマテラピー”にもおすすめ。

まさにレモンは、10世紀半ばから人類に愛され続けるのも納得のスーパーフルーツなのです。

レモンがカルシウムの吸収率を上げる? 骨密度がアップ

クエン酸はカルシウムを“カニばさみ”のように挟み込む性質があり、腸からのカルシウム吸収を促進してくれます。

クエン酸はカルシウムを“カニばさみ”のように挟み込む性質があり、腸からのカルシウム吸収を促進してくれます。

牛乳やヨーグルトとレモン果汁を混ぜ、効率よくカルシウムを摂取することで、体内のカルシウム濃度を一定に保ち骨密度の低下を抑制できる可能性があります。

カルシウムを含むレモン果汁飲料を継続摂取することにより、中高年女性の骨密度を改善する可能性があることが最近ではわかって来ているそうです。

1日1レモン。貧血やメタボ対策にもレモン!

レモンの摂取量が多い人ほど食欲コントロールもしやすく、糖や脂肪の代謝に関わる善玉ホルモン「アディポネクチン」濃度の変化量も大きいことがわかって来ました。

女性にも「隠れメタボ」が増えている現代。1日1個以上を意識してレモンをとることでメタボ予防が期待できるということは、覚えておくといいですね。

また、ビタミンCが豊富なレモンには血管を丈夫にする効果が期待できるとのこと。血圧が気になる人には、ウォーキングとレモンの組み合わせもおすすめの様です。

レモンは肌のシミを和らげる

「レモンに含まれる酸にはピーリング効果があり、部分的に色素沈着を抑制してくれます。

肌の褐色の小さなシミには効果があることが証明されているそうです。

「レモンに含まれる酸にはピーリング効果があり、部分的に色素沈着を抑制してくれます。消してくれるわけではありませんが、レモンはシミを明るくして目立たなくしてくれるのです」

よく熟れたオーガニックレモンをスライスして、毎日シミの気になる部分を優しく撫でてみるといいですね。

3~4週間後には結果が目に見えてくるだろう。しかし、敏感肌や乾燥肌の場合には刺激に注意が必要です。

「もし肌に刺激を感じた場合には毎日ではなく、1日おきに使用してみましょう」

注意
肌の弱い方は専門家への相談を行い使って見てください。

レモンには解毒効果がある

「レモンは肝臓での胆汁の産生を刺激するため、身体をクレンズしてくれます。 体内の毒素や摂取する食品に含まれる毒素がより早く除去されるそうです」

表皮をチェック。おいしいレモンの選び方

「形が整っていて、表皮がつるんとキレイ、皮に張りとツヤがあり、ずっしりと重みのあるレモンは果汁が豊か。表皮がボコボコしているものは内部の白い皮が多く、果汁が少ない場合がある」とのこと。

レモンウォーターの作り方

レモンウォーターの作り方

なんとなく体がだるいとか、食欲がわかないとか、ちょっとした体の不調は精神面にも影響を及ぼします。そんな夏だからこそ、スカッとできるスパイスが必要。

そこでおすすめなのが、レモンウォーターです。今回は夏の疲れを吹き飛ばすおすすめのレモンウォーターの作り方についてご紹介します。

レモンの効果を引き出すには、白湯と合わせるのがおすすめ。白湯であれば温かいため胃腸にやさしく、代謝アップも期待できます。

1、レモンウォーターを作る前に、まずは、コップ1杯分の60度くらいに冷ました白湯を用意しておきましょう。

2、次にレモンの準備。

レモンを半分に切って、果汁を絞っていきます。ここで、スクイザーというレモン絞り器があれば、半分に切ったレモンの断面を押し付けるだけで果汁が採れるので便利です。

注意
スクイザーを使う際は、皮付近まで強めに押し付けると川の苦みが溶け出るので、力加減には注意しましょう。

レモンウォーターの効果的な飲み方と注意点

レモンウォーターを効果的に使いたいのであれば、朝の起きぬけに飲むのがおすすめです。

レモンウォーターには、デトックス効果があるため、朝に飲むことで腸を活性化させることができますし、代謝アップにもつながります。

朝以外であれば、空腹時にレモンウォーターを飲むのがおすすめです。レモンウォーターには、食欲を抑えるという効果もあるため、空腹時に飲むことによって食べ過ぎてしまうということを防いでくれます。

レモンの力で暑い夏を乗り越えよう!

引越屋さんは力仕事になるので、しっかりとレモンを摂取してみんなで暑い夏を乗り越えていきます。

健康第一!みなさんも、ぜひ先ずは1日1レモン実践していきましょう!