東北楽天イーグルス!注目のルーキー藤平尚真選手!

こんにちは~(^_-)-☆
スタームービング広報担当のひろみです☆

最近若手の選手の活躍が目立って来た楽天イーグルスですが、
今回は注目の、あの選手をピックアップ(^^♪

横浜高校出身!藤平尚真投手の生い立ち

19

(出典:https://www.rakuteneagles.jp)

藤平選手

(出典:https://www.rakuteneagles.jp)

スタームービングの代表も横浜出身という事で、横浜高校に過敏に反応してしまう・・・

今年のドラフトで高校BIG4の一角になるほど評価が高い横浜高校の藤平尚真投手。

超高校級の逸材を単独1位指名したのは、われらが東北楽天イーグルス。

高校2年生の秋にして早くも先輩・松坂大輔(ソフトバンク)に追い付いた、MAX151kmの直球にプロのスカウトも大注目の選手。

昨夏の甲子園を沸かせた「横浜高校の背番号1」が、高校野球の聖地に帰ってきた。2016年のドラフトで楽天に1位指名を受けた藤平が、6月16日、甲子園で行われた阪神戦でプロ初先発。今年の高卒ルーキーの中では、12球団最速の1軍デビューとなった!!!そんな藤平選手に注目~~~(^^♪

2試合で13回20奪三振、防御率0.69。

main

(出典:https://www.rakuteneagles.jp)

名門・横浜のエースとして挑んだ昨夏の甲子園初戦で、東北を相手に7回途中1失点、5者連続を含む13奪三振という圧巻の投球を披露する。そして2回戦では、寺島(現・東京ヤクルト)擁する履正社と激突し、2回途中から登板して6回1/3を無失点。チームは敗れたが、お互いを認め合う藤平と寺島の投げ合いは大会屈指の名勝負となった。2試合で13回20奪三振、防御率0.69。

甲子園閉幕後、「第11回 BFA U-18アジア選手権」優勝などを経て、ドラフト1位で楽天に入団すると、2軍で11試合に登板し、1勝2敗、51回、58奪三振、防御率3.35の成績を残した。高卒ルーキーということで、プロ初登板は早くて夏頃と予想されていたが、辛島の不調や塩見の怪我の影響もあり、交流戦期間中にチャンスが訪れた。さらにデビュー戦のマウンドは、聖地・甲子園。昨夏熱戦を繰り広げた黄金ルーキーにとっては、これ以上ない舞台が用意された。

やや緊張した面持ちで甲子園のマウンドに上がった藤平の、記念すべきプロ1球目はボール。2球目も外れて、3球目を1番・糸原に捉えられて二塁打とされたが、13球で後続を打ち取って、初回を無失点で切り抜けた。

しかし2回裏、7番・原口に137キロの直球を左中間席まで運ばれ、2点を失う。直後の3回表に7番・三好がソロを放ち、楽天が1点を追う展開となった。その後、藤平は得点圏に走者を背負いながらも、打たせて取る投球で追加点を与えず。1点差で迎えた6回表に代打を送られたため、デビュー戦は5回、84球を投げて被安打5、与四死球2、失点2と上々の内容だった。

プロ初黒星こそ喫したが、失点は一発を浴びたことによる2点のみと、思い出深い聖地でのプロ初登板で確かに足跡を残した。

ドラフト結果

「マーくん2世」と呼ばれる男。
6月16日プロ初登板。5回5安打2失点で降板し、初勝利はお預けとなったが、軍昇格前、ファームで11試合に登板。27四球と制球に苦しんだが、小山二軍投手コーチは大器の片鱗を感じている発言されたことでも有名。

 

気になる・・・登場曲は・・・?

遊助さんの「ひまわり」。
今後たくさんの試合で流れてくることに期待したい。

歌詞がとてもいいという事で知名度の高い曲ですよね♪ 藤平選手の雰囲気にぴったりな一曲。

今後もルーキーたちの活躍に目が離せません(^^)/

15

※スター引越センター公式キャラクター「スターマン」

ルーキーのメンバーの活躍を期待しています(^^)/

出展

・https://twitter.com/Rakuten__Eagles
・https://cyclestyle.net/article/2017/05/04/47926.html
・https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12136-397543/
・https://www.rakuteneagles.jp