お見積もりはこちらからどうぞ

18卒内定者が語るスタームービング〜 Vol.2

みなさま、こんにちは。スタート引越センター広報担当ひろみです。

ゴールデンウィークにお引越ご検討中のそこのあなた!

もうすでにお見積スタートしていますよ。是非お早めにお見積もり予約して引越し難民にならないようにしてください。

早速ですが、前回に引き続き、今回も社内のメンバーについて、ご紹介したいと思います。

株式会社スタームービングでは、新卒生がインターン生として繁忙期中もご対応させて頂いておりました。

今回は、新卒生第2段!フォーカスしたいと思います!

コールセンター 廣瀧(ひろたき)さん

こんにちは。
18年新卒の廣瀧美穂と申します。
春からスタームービングで事務職員として社会人デビューをさせていただきました!

人生の転機は東日本大震災

大学では文学部で主に社会福祉関係の勉強をしていました。
元々福祉に興味があるというよりは誰かの為になる事が好きだった私でしたが、ある授業の一環で東日本大震災の被災地である仙台に行ったことが私の人生の転機となりました。

あの大震災については皆さんもまだ記憶に新しいとは思いますが、今ではもうあまり耳にせずすっかり立ち直っているものだと思っている人も少なからずいるのではないでしょうか。
私もその一人でした。

私が現地に赴いて見た光景は津波被害により更地となった土地と、家が流され仮の住居で生活する被災者の方々でした。

あの日の衝撃は忘れられません。

ボランティア活動に参加

その後機会に恵まれ宮城と福島で1年ほどボランティア活動に参加し、知ったことは被災者の思いです。
人との絆がとても大事なものでかけがえのないものだということ。
地元への愛。
新たな環境への不安。

こうした人々の思いを知り、私は少しでもその不安を取り除けたらいいと強く思いました。

スター引越センターとの出会い

そんな節、スタームービングと出会い引越しで力になることが出来るのではないか?と考えるようになりました。

新しい環境への期待や不安は誰しも必ず持つもので、引越しは人生の転機とも言える重要なものです。
だからこそ、少しでもそれが素敵なものになれるようにほんの少しでも力になって背中を押せたらと思います。

こうした人々の思いを知り、私は少しでもその不安を取り除けたらいいと強く思いました。
そんな思いを抱えていた時に出会ったのがスタームービングです。
よく企業のお話で被災地に対して物資や義援金の支援をしたという話しは聞きますが、スタームービングではそれ以外にも引越という引越企業ならではの支援もしていると知り支援の形にも様々な形があるのだと改めて感じました。
物やお金だけが支援ではない。私自身の活動のように交流が支援となるように引越しで力になることが出来るのではないか?と考えるようになりました。

これからの目標

新しい環境への期待や不安は誰しも必ず持つもので、引越しは人生の転機とも言える重要なものです。
私自身2年前の夏に人生はじめての引越を経験しましたが、新しい部屋や知らない土地との出会いと思いは今でも色濃く記憶に残っています。
だからこそ、少しでもそれが素敵なものになれるようにほんの少しでも力になって背中を押せたらと思います。
今も電話対応させていただいておりますが、まだまだ経験・知識不足であると感じることが多々ありますが、より丁寧により楽しくより思い出に残るように、そんな素敵な引越が皆様に提供できるよう尊敬する先輩達を目標に努力していきたいです。

以上18年度新卒の廣瀧さんでした。

社会に出て、はじめて目の当たりにすることも多々あると思いますが、とてもよく頑張ってくれている新卒生です。

お客様に感動してもらうのは、もちろんですが、現在は、4支店となり規模もすこしずつ大きくなって来ていますが、スタッフ一人一人が、入社してよかったと感じてもらえる会社の雰囲気づくりもしっかりと整えていきたいと思います。

≪お見積り無料です!≫
お気軽にお問い合わせください♪
お引っ越しのご用命は、スター引っ越しセンターへ♪

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v

個人のお引っ越しはこちら http://www.star-hikkoshi.com/
オフィス移転ならこちら https://www.starmoving.jp/office/index.html