「記念写真の引っ越し屋さん」が発見した両者を分ける違いとは?

引っ越しをしようかどうか迷っているけど、どうしていいか分からないあなたへ

From:斉藤ゆかり(スター引越センター・コールセンター勤務)

きっとあなたも私と同じように今、住んでいる「物件」や「場所」に不満を持っている場合、そのままの状態にしておくことは嫌ですよね?

住宅や生活環境は毎日を過ごす大切な場所なので例えば、こんな不満があるとストレスが溜まってしまいますよね?

  • 収納が少ない(最近、モノが増えて、もう収納する場所がないよ・・・)
  • 壁が薄い(隣の人が夜中に音楽を流していて、その音が聞こえてきて眠れないよ・・・)
  • キッチンが狭い(シンクがせまく、食器洗いの後、水切りに困っている・・・)
  • 日当たりが悪い(日当たりが悪くて気持ちが沈むんだよな・・・
  • 家賃が高い(分かってはいたけど、家賃が生活費を圧迫する・・・)

でも、不満はあってもいざ、新しい物件を見つけて引っ越しするとなると大変です。

「引っ越ししたいのに、引っ越しできない・・・」

そんな悩みを持つあなたに朗報です!

最近、私たちは「引っ越しで失敗する人」、それから「引っ越しで成功する人」のある共通点を見つけました。これから5分間で、その共通点を紹介しようと思います。


「引っ越しで失敗する人」、「引っ越しで成功する人」

長年、たくさんの引っ越しを見てきた私たちは、引っ越しをする人には「2つのタイプ」があることを発見しました。

この「2つのタイプ」の特徴について紹介する前に、この短い物語「子どもをしかる父親」を読んでみてください。

子どもをしかる父親

父親:「おい!そんなところでゴロゴロ寝てないで!勉強しなさい!」

子ども:「どうして、勉強しなきゃいけないの?」

父親:「勉強しないといい学校に入れないだろ!」

子ども:「どうしていい学校に入らなきゃいけないの?」

父親:「いい学校に入らなきゃ、いい会社に入れないだろ!」

子ども:「どうしていい会社に入らないといけないの?」

父親:「いい会社に入らなきゃ、いい暮らしができないだろう!」

子ども:「いい暮らしって、何さ?」

父親:「・・・そうだな・・・寝て暮らせるってことだ・・・」

子ども:「わたし、もう寝て暮らしているよ!」

もしかしたら「引っ越しに関係ないじゃないか!」と思ったかもしれませんが、ちょっと待ってください!

このどこにでもあるような親子の会話の中から学べる教訓は「自分にとってのいい暮らしとは何なのか?」を明確にすることの大切さです。

これが明確になっていないと、この物語で父親が語っているように「もっと、もっと」と本当は自分にとって必要のないものまで追い求めてしまいます。

数多くの引っ越しをお手伝いしてきた私たちの目から見ても、これこそが「引っ越しで失敗する人=後悔して引っ越しを繰り返す人」、「引っ越しで成功する人=満足して、新しい暮らしを楽しめる人」を分けるものなのです。


「引っ越しで失敗する人=後悔して引っ越しを繰り返す人」の特徴とは?

一つ目のタイプは「引っ越しで失敗する人=後悔して引っ越しを繰り返す人」です。このタイプの人は「自分にとってのいい暮らしとは何なのか?」を明確にしないままに理想とする物件を探し、引っ越しを決めてしまうのです。

このタイプの人たちは、先に挙げたような「今の物件に対する不満」を一つでも解消するために手当たり次第に、とにかくたくさんの物件を探します。数の多さで勝負し「理想の物件を探し当てる」ということを目指して行動しています。


「引っ越しで成功する人=満足して、新しい暮らしを楽しめる人」の特徴とは?

もうひとつのタイプが、「引っ越しで成功する人=満足して、新しい暮らしを楽しめる人」です。こっちのタイプの人は、「今の物件に対する不満」は持っていたとしても手当たり次第に、たくさんの物件に当たることはありません。数の多さで勝負し、「理想の物件を探し当てる」なんてこともしません。

なぜなら、このタイプの人は「自分にとってのいい暮らしを明確にしている」から手当たり次第に、たくさんの物件に当たる必要はないからです。このタイプの人はひとつひとつ順番に、自分にとって必要なものを探して、自分の基準に照らし合わせて、確認するだけです。


どうすれば、「引っ越しで成功する人=満足して、新しい暮らしを楽しめる人」になれるのか?

それこそが、私たちがあなたに一番伝えたいことです。これは、

  • もっと[いい物件を見つける方法]を教えるようなものではありません。
  • 上からものをいうように[いい暮らしとは何か?]を教えるようなものでもありません。
  • [黄色い財布を持つと運気が上がる]などという、占いの話でもありません。

自分にとっての引っ越しの「メリット」と「デメリット」を明確にしよう

それは、引っ越しの「メリット」と「デメリット」を明確にすることです。

簡単過ぎて、拍子抜けしてしまいましたか?

でも、この方法をあなどってはいけません。これは、引っ越しで後悔したくないのなら、絶対にやっておくべきことなのです。

なぜなら、引っ越しとは単に住所を移るだけではなく、あなたの人生を大きく変える重大なイベントだからです。
そして荷物を運ぶだけの単純な作業ではなく、あなたの新生活をもっと充実させるチャンスにしてほしいと考えています。

私たちはよくお客様に「前回の引越しどうでしたか?」と聞きます。そうすると、様々な不満から引っ越しを繰り返しているお客様は前回の引っ越しのことを覚えていない、記憶に残っていないんです。

どこの引越し屋さんでやったかも忘れていて、時期も「2年前だっけな?」「3年前だっけな?」というように記憶が曖昧な方が多いということがあります。

その一方で、前回の引っ越しも「お願いした引っ越し会社」のこともはっきりと覚えているお客様もいらっしゃいます。

このタイプのお客様の引っ越し理由は共通していて、「現在の住環境に不満がある」というよりもむしろ、さらに人生をステップアップしていこうという明確な意思を持っているということにあります。

でも、具体的に引っ越しの「メリット」と「デメリット」を出すといっても何を手掛かりにしていいか分からないと思うので、私たちが考える引っ越しの「メリット」と「デメリット」を紹介しますね。


「引っ越しのメリット」とは?

  • 生活環境を大きく変えることができる

よく仕事でも私生活でも「意識を変えなさい」と言われることがありますが「分かっていてもできない」のが人間です。正直、意識を変えることは至難の技です。

でも、環境を変えることは簡単です。よく「スターバックスコーヒーで勉強をしたら、自宅とは違って凄くはかどった」という人がいますが、それは環境を変えたからなのです。環境を変えることにより、自然と物事に向かう意識も変わるのです。

  • イチから自分だけの新しい部屋を作ることができる

引っ越しをするとドラマで見たような憧れのインテリアを揃えるなど、イチから自分だけの城を築くことができます。この作業は考えるだけでもワクワクしてきますよね?

  • 1人暮らしは自由を謳歌することができる

もし、あなたが家族と一緒に住んでいるのなら寂しくない反面、家族に気を使うこともありますよね。でも、1人暮らしであれば、気を使う必要はありません。夜遅くに帰るのも、いつどんなテレビをみるのもあなたの自由です。あと、恋人も気軽に呼ぶことができますね!

  • 断捨離ができる

モノが必要以上に増えると何だか心も重たくなってしまった感じがしますよね?

引っ越しを機会に自分にとって「必要なもの」と「必要でないもの」をはっきりさせることができ、心を身軽にすることができます。

  • 環境変化に強くなる

環境が変わることは誰にとっても不安なものですよね?

でも、変化にこそチャンスが隠れているものです。新しい変化に身を委ねるだけでなく、自ら変化を生み出しいくことで「運命を自分で切り拓いていける!」という自信を持つことができます。


引っ越しのデメリットとは?

多くの人にとって共通する引っ越しの「デメリット」とは時間と労力、そしてお金がかかるということです。

引っ越しって、大変なイメージがありますよね?

でも、安心してください。

そんなあなたをお手伝いするために、私たち「スター引っ越しセンター」がいるんです。

ぜひ、このお手紙を読んで、私たちが「あなたの生活を変えることを手伝うパートナーとしてふさわしいか?」を慎重に確認してみてください。

↓↓↓


「スター引っ越しセンター」が選ばれる理由とは?

うちを選んでいただく方はやっぱり、口コミだったりとかを見ていただいて、選んでいただく方も多いです。後は値段も大手に比べると安いというところもあります。

あとは、このブログを見ていただいている方に、選んでいただくことが多いですね。引っ越しの風景だったり、お客様との写真だったり、社員の研修だったり、引っ越しの豆知識だったり、「隠し事なし」に発信しているのがこのブログなので。

最近、お問い合わせいただく時に「記念写真をやっている引越し屋さんですか?」と聞いていただいて、嬉しいです。

ぜひ、私たちにあなたの引っ越しを「あなたの大切な新たな人生の門出」として、「お手伝い」と「お祝い」をさせてください!

一生懸命、頑張ります!

↓↓↓


私たちは「記念写真の引っ越し屋さん」です!

そして、私たちと一緒に「新たな人生の門出」を記録にも記憶にも残すために、記念写真を撮りましょう!

↓↓↓