オフィス移転をコンサルタントに依頼するメリットとは?

オフィスを移転する際の業務をまるまるコンサルタントしてくれる会社があります。
今回の記事では、コンサルタント会社に依頼するメリットをご紹介します。

オフィス移転に関わる業務を代行して貰える

オフィス移転の際には非常に多くの業務が発生します。

移転先を決める、コストを計算する、オフィスのレイアウトを決める、などその業務は多岐に渡り、通常の業務をこなしながらではなかなか難しい場合があります。

そんな業務をコンサルタントに一括依頼すれば、効率よくオフィスを移転することができます。

移転業務に人員を避けない場合などにもコンサルタントに依頼すれば時間と労力を大幅に軽減できます。

コンサルタントが代行する範囲は、旧事務所の引き払いの段取りから、新事務所のデザイン設計、移転のスケジュール管理や、金銭的・時間的コスト削減・引っ越し業者とのコミュニケーションの円滑化など細部まで対応してくれます。

自分たちでスケジュールを決めても、なかなか進行が上手くいかないことが多いので作業予定日より早く正確に対応してくれるのも魅力の一つです。

また移転後の実際業務を行ったらレイアウトが使いにくい、インターネット回線が通じないなどのトラブルが発生することも考えられます。

コンサルタント業者のサービスで移転後の問題もサポートしてくれる業者があり、安心して移転業務を任せられます。

内装やオフィス家具、レイアウトの相談ができる

building-2559580_960_720
オフィスのレイアウトもなかなか難しい問題です。

そっくり元のままのレイアウトを使うわけにもいかず、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

特に将来的に事業規模拡大を見据え、面積の大きいオフィスに移転した場合はデスクのレイアウトは更に難しくなります。

将来的に部署が増え、部署ごとにデスクが固まる可能性があるなら、一点段階で回遊性の高いレイアウトにする必要があります。

回遊性の高いレイアウトにする大きな理由として、緊急時の避難がスムーズになることです。

火事や地震といった災害が起きた時に、回遊性が低いと非難経路が確保できず、逃げ遅れる原因になりかねません。

また、端にデスクを置く社員は孤立感を感じ、作業効率にも影響が出てしまう場合もあります。

孤立感を感じる原因として、壁との距離が近く人が通るスペースがなく圧迫感を感じるためです。

回避性が高いオフィスなら、壁とデスクが遠いことにより人が入るスペースが増えて、コミュニケーションが盛んになります。

しかし、自分でレイアウトをした場合に無駄なスペースが生まれてしまうことや、一部分だけ狭くなってしまうことが起こりやすいです。

そんな問題も移転の経験が豊富なコンサルトなら相談にのってくれるでしょう。

レイアウトは予算的に大きな割合を占める部分であり、一度工事をするとなかなか変更できません。

そのため専門業者に依頼する方が良いのではないでしょうか。

コストパフォーマンスが高い

calculator-385506_960_720
コンサルタントはオフィスの規模から相場に合ったものを選択してくれます。

また内装やインフラ工事に関しても、最適な業者を選び、価格交渉まで対応してくれます。

それらの労力や時間を割かないでよいと考えると、コンサルタント会社に依頼した方が最終的にはコストパフォーマンスが良いと考えられます。

それに加え、オフィス移転のスケジュール管理も全て行ってくれるので、通常業務に支障が出ないよう進めることができるのです。

また、引っ越し時に何らかの拍子に家具が壊れてしまったなどのトラブルは良く起こります。

運搬まで全部自分たちで行った場合、このことも想定して予算に補修費や新しい家具を買う費用を予算に組み込む必要が出てきます。

しかし、引っ越し業者に依頼した場合、引っ越し時の補償がついている場合が多いので万が一の時も安心です。

その時、オフィスコンサルタントに依頼していた場合その引っ越し業者への対応も円滑になります。

さらにオフィス移転に関する窓口が一元化することにより、打ち合わせの回数や時間などを減らすことが可能です。

またコンサルタントも特定のエリアに特化した会社や、居抜き物件に強い会社など様々な特色を持っています。

自身の会社にベストなコンサルタントに一括依頼し、後悔のない移転を行いましょう。

まとめ

オフィス移転をコンサルタントに依頼すると、時間と労力を割かずに済むので通常業務に支障がないのが大きなメリットです。

スケジュールの完遂性とレイアウトの正確性が、自分たちでオフィス移転を行った場合とで大きな時間の差があるので是非オフィスコンサルタントに依頼を検討してみてください。

オフィスコンサルタントを行っている業者の多くは一度打ち合わせしてから、慎重に見積りを出してくれます。

自分で行った場合の予算とあまり差異がない場合もあるので、数社に見積りを出してもらって比較してみることをオススメします。

コンサルタント会社の中には、所在地不明のなど会社情報が少ないところもあるので気なったことは細かく確認してください。

移転の際には会社にとって最適なコンサルタントを選び、快適な引っ越しを行いましょう。

失敗しない「オフィス引越し」マニュアル

あなたは引越しで、こんな間違いをしていませんか?

・あれ、想像と違う?物件選びで失敗 ・・・

・コストだけを考えて・・・業者選びで失敗 ・・・

・仕事に影響大!電話・ネット回線の手配で失敗 ・・・

法人の引越しは、その後の会社の業績を左右する一大プロジェクトです。

私たちは引越し業界に入って、20年以上になりますが、その間、数え切れないほどの法人の引越しの現場に立ち会ってきました。 その経験を通して、感じたことは、法人の引越しは個人の引越しとは違い、たくさんの工夫ができる余地があり、上手な引越しのやり方を知ってさえいれば、誰でもコストを抑え、効率的かつ効果的な引越しができるということです。

そこで、今回は、私の20年以上の現場経験を踏まえて、「法人の引越し担当者のための失敗しないオフィス引越しマニュアル」として、1冊にまとめました。

ぜひ、引越しの前に熟読していただき、失敗しないだけでなく、新天地への素晴らしい第一歩を踏み出すための引越しができることに役立てていただけたらうれしく思います。

この記事が気に入ったらシェアしてね!