人生の教訓!失敗なんて考え方次第【つぶやき専務vol.2】

こんにちは(^^)スター引越センター専務のヤマモトヤスユキです!

先日ある事がきっかけで自分が正しい事をしているのか?と自問自答する事がありました。

そんな時に私の人生の教科書であるアンソニーロビンズの本を読み感じた事を書きます。

アメリカ出身のアンソニーロビンズは貧しい家庭で育ち、
大学に行けずに17歳から2年間で約700冊の成功哲学や心理学に関する本を読み、
若干24歳でカリスマコーチになり様々な人の人生に影響を与え億万長者になった人物です。

好きな本は「一瞬で自分を変える方法」です。
この本は自分の感情や気分を自分でコントロールする事でより良い人生送れる!内容となっています。
・気分が悪い時はスキップすれば気分が良くなる
非常に簡単にできる事ですが、スキップをすると自然と愉快な気持ちになります。
騙されたと思って一度やってみて下さい!

・人生に「失敗」はなくあるのは「結果」のみ
失敗を失敗と捉えるのではなく、起きた出来事の成功、失敗は自分で決められるとの考え方です。
電球を作ったエジソンもこう言ってます。

ある人がエジソンにこう言った。

「1万回も失敗すればたくさんだろう」と。

それに対してエジソンはこう答えた。

「失敗だって?僕はうまくいかない方法を1万通り発見したところさ」

「もうここで止めよう」と思ってしまったときに、はじめて「失敗」が訪れる。

エジソンは失敗ではなく「上手くいかない方法を1万回発見しただけ」と捉えてます。

つまり失敗ではなく自分は絶対に電球を作るんだ!!と強い信念をもって自分を信じているのです。

凄い信念だと思います。
精神論だと思いますが、そもそも人間は感情や気分で生きている部分が多くあります。
アンソニーロビンズは特に「強い信念を持て」と言っています。
信念をネット検索すると「正しいと信じる自分の考え」(信念を貫く)と出ます。
人間は自分自身を信じれば何でも出来るという事ですね!!
もちろん他者の事を思いやってではありますが…

そこが足りないのかな……と日々反省してます…