成人おめでとうございます!!・・・仙台

仙台史郎です。

平成10年4月2日~平成11年4月1日までに生まれ晴れて成人の日を迎えたみなさん、
おめでとうございます!!!

仙台支店にも、アルバイト含め、6名が仙台にて成人式に参加しました。


事務員さんと、アルバイトT君です。
かわい~い、凛々しいですね。


横浜 Ⅱ君(真ん中)一番あんばいね~(こちらの方言 さまになっている)と、アルバイトK君(Ⅱの右隣)、アルバイトR君(一番左)です。


イケメンバイト君3名です。

ここで、平成10年を振り返ってみましょう!(^^)!

★流行語★
だっちゅーの・・・パイレーツ
ショムニ・・・・・江角マキコ主演のドラマ
このくらいしか、記憶がない、私。

★ヒット商品★
タイタニック・・・映画
iMac・・・アップルコンピュータ
ポケットピカチュウ・・・ゲーム
桃の天然水・・・飲料水
麒麟淡麗・・・発泡酒

★ヒット曲★
1位 GLAY:「誘惑」
2位 SMAP:「夜空ノムコウ」
3位 SPEED:「my graduation」
4位 BLACK BISCUITS:「タイミング 〜Timing〜」
5位 GLAY:「SOUL LOVE」
6位 Kiroro:「長い間」
7位 L’Arc〜en〜Ciel:「HONEY」
8位 KinKi Kids:「愛されるより 愛したい」
9位 Every Little Thing:「Time goes by」
10位 KinKi Kids:「全部だきしめて/青の時代」

非常に話題の多い1年だったそうです!!

次に成人の日の由来
成人を祝う儀礼は古くからあり、男子には元服・褌祝、女子には裳着・結髪などがあった。
文化人類学や民俗学では、こうしたものを通過儀礼の一つとして扱う。
日本における今日の形態の成人式は、第二次世界大戦の敗戦間もない1946年(昭和21年)11月22日、埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)において実施された「青年祭」がルーツとなっているのが定説である。敗戦により虚脱の状態にあった当時、次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため、当時の埼玉県蕨町青年団長高橋庄次郎(のち蕨市長)が青年祭を企画、会場となった蕨第一国民学校(現:蕨市立蕨北小学校)の校庭にテントを張り、青年祭のプログラムとして行われた。
この「成年式」が全国に広まり現在の成人式となったそうです。蕨市では現在も「成年式」と呼ばれており、1979年(昭和54年)の成人の日には市制施行20周年、成人の日制定30周年を記念して同市内の蕨城址公園に「成年式発祥の地」の記念碑が同市によって建立された。
蕨町の「青年祭」に影響を受けた日本国政府は、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌1949年(昭和24年)から、1月15日を成人の日として制定したそうです。
それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになった。その後、1998年(平成10年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)に伴って、2000年(平成12年)より、成人の日は1月第2月曜日へ移動している。
Wikipedia引用

成人を迎えたメンバーと、これからの仙台支店を盛り上げていこうと思います!!
2・3月のご予約は、早目がおすすめ、仙台支店でした。

≪お見積り無料です!≫
お気軽にお問い合わせください♪
お引っ越しのご用命は、スター引っ越しセンターへ♪

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v

個人のお引っ越しはこちら http://www.star-hikkoshi.com/
オフィス移転ならこちら https://www.starmoving.jp/office/index.html

この記事が気に入ったらシェアしてね!