引越や連休をきっかけに断捨離をするなら?世間の不用品処分に対する意識のリサーチ結果

GW中にあえて遠出をせず、大掃除をするという人もいるのでは?

不用品買取を行う「福ちゃん」を運営する株式会社REGATEが、不用品処分に対する意識について調査し、「掃除に関するアンケート」結果を発表。ブーム中の「断捨離」や「生前整理」の参考になるかもしれません。

【調査概要】掃除に関するアンケート
【調査日】2019年4月16日(火) ~ 2019年4月17日(水)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1056人
【調査対象】独り立ちしたお子さまがいらっしゃる方
【モニター提供先】ゼネラルリサーチ

6割以上が「捨てるか捨てないか悩んでいるものがある」と回答!


キレイな状態のお家でゆっくり過ごしてもらうために、ご家族で集まる前はお掃除に力を入れる…という方は多いと思います。ホコリや散らかったゴミをキレイに片付けることももちろん大切ですが、スペースの確保も大切ですよね。そこで、「捨てるか捨てないか悩んでいるものはありますか?」と質問したところ、6割以上の方が『はい』と回答しました。

悩んでいるものについて詳しく聞いてみると、『着物(30.1%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『家電製品(26.4%)』『不用になったブランド品(20.7%)』と続きました。

捨てられない理由としては、『いつか必要になる可能性がある(29.2%)』『思い入れがある(25.5%)』『高価なものなのでもったいない(23.7%)』『どのように処分していいのかわからない(20.1%)』といった意見が挙げられました。

長年愛用していたものや、高価なものの場合、「スペースを取るので処分したいけど捨てるのはもったいない…」と悩まれる方が多いようですね。

4人に1人が引き継ぎたいと思っているものの…

「捨てられないものをお子さまやお孫さまに引き継いでほしいと思いますか?」と質問してみると、4人に1人が『はい』と回答しました。ご自身の思い入れのあるものを、近しい人に大切に使ってほしい…。そう願うのは、それほどものを大事にしている証拠です。

しかし、引き継ぎたいと回答した方に「実際に引き継いでいますか?」と聞いてみたところ、半数以上の方が『いいえ』と回答しました。

引き継いでいない理由について聞いてみると、『流行りのものではないので子どもや孫が欲しがらない』『新しいものではないのであげにくい』『趣味が違う』『少しだが汚れている』といった意見が挙がりました。なかなかお子さまやお孫さまに引き継ぐことができず、結局”タンスの肥やし状態”になってしまう方が多いようですね。

捨てるより、本当に必要としてくれている方に買ってほしい!

そんな行き場に困る不用品ですが、「捨てるのであれば、本当に必要としてくれている人に買ってほしいと思いますか?」という質問をしてみると、9割近くの方が『はい』と回答しました。

また、「売れたお金でなにがしたいですか?」と聞いてみると、『家族でちょっとした贅沢をしたい(33.4%)』『夫婦で旅行に行きたい(17.3%)』『自分へのご褒美を買いたい(17.3%)』『家族になにかプレゼントしたい(16.4%)』『孫が喜ぶようなものを買ってあげたい(12.2%)』など、ご家族のことを考えた意見が多く挙げられました。

連休や引越を機に、処分に困っていたものを買取に出して、スペースやお金を活用するのも一手かもしれません。

この記事が気に入ったらシェアしてね!