引越は寝具の買い替えどき?枕やベッドでおなじみの寝具メーカー「テンピュール(R)」の新商品に注目

引越を期に寝具を新調しようと考えている人や、寝苦しい夏に向けて快適な睡眠を求めている人は、「テンピュール(R)」の新商品に注目してみてはいかがでしょうか。

睡眠不足の人は15分の昼寝だけでも効果的

「テンピュール(R)」の新作発表会では、ジャーナリストの津田大介さんと上級睡眠改善インストラクター・安達直美さんが登場し、“睡眠負債の解消と、良質な睡眠による仕事の効率化”をテーマにトークを繰り広げました。

津田さんはMCより普段の睡眠時間を問われると、「本日は6時間程度しか寝ていません(笑)。ただ朝からトークショーが控えていたので、頭を回転させるためにも、いつもよりは早く寝ていますよ。寝られるときは8時間睡眠したいですが、忙しいときは3時間しか程度です」と多忙の日々を送る、津田氏の生活風景を明かします。

「津田さんの睡眠時間は、多くの方々にも当てはまる睡眠時間だと思います」と安達さん。

安達さんによると、健康的な睡眠時間は、6~8時間と言われているそうです。さらに、睡眠時間が5時間を切ってしまうと“人間が人間らしい活動ができなくなる”と考えられているそう。

「身体的な影響としては風邪をひいたり、認知能力が低くなり、脳機能の低下につながってしまうのです」と睡眠不足にはさまざまなデメリットがあるようです。

津田さんの「どんなに忙しくてもランチタイムの15分だけでも寝るのも改善につながるのでしょうか?」という質問に、「それだけでも全然変わりますよ」と安達さん。睡眠不足を自覚している人は、十数分の昼寝を習慣に取り入れてみるのもいいかもしれません。

津田大介が「テンピュール(R)」愛を語る

津田さんは、2002年に引越を期に、テンピュール(R)を使い始めたそう。その後も様々なシリーズが発売されると新作を購入し、枕だけでも4つも持っているとか。

「枕をきっかけに、テンピュール(R)グッズを調べていくと、腰枕の存在を知り、使用してみたら腰痛が治ったんです! これを機に更に調べていくと、持ち運び用のクッションといったトラベルグッズ、特にアイマスクの使い心地良いんです。そこから、また引越のタイミングでゼロジー(R)を購入し、毎日の睡眠の質が本当に上がりました。本当に良い買い物をしたと思ってます!」と、津田さんはテンピュール(R)愛用を熱弁。

「テンピュール(R)」新商品は音が静かでリラックスできる

そんな津田さんが、新商品の電動リクライニングベッド「ゼロジー®」を体験することに。「 はぁ~。気持ちいです。これがゼロジー(R) ポジションというものですね。疲れた時にこのポジションにすると、本当にリラックス出来るんです」と、吐息を出すほど心地よさに大満足したようです。

さらに、安達さんは「実はゼロジー(R) ポジションは、少しだけ上体を起こすことになるので、呼吸が少ししやすくなるんです。ぜんそくの方などにぴったりな商品だと思います」と解説しました。

最後に津田さんが「私は初期のベットを持っているのですが、作動音の差にとても驚きました。是非買い替えを検討したいと思います!」と、新作を絶賛し、イベントは幕を閉じました。

良質なベッドは決して安くはない買い物ですが、睡眠は健康的な生活を送るカギになりそうです。比較的手頃な枕を試してみたり、引越など家具の買い替え時には、快眠できるベッドを候補に入れてみたりしてもいいかもしれませんね。