お見積もりはこちらからどうぞ
 

日本列島に大型台風が直撃?これから来る台風に備えよう!

typhoon-preparation

日本では毎年台風が各地に大きな被害を出しています。

台風の影響で近年は大規模な停電や断水など、ライフラインにも影響が出る事が多くあります。

自然災害なので避ける事は難しいですが、事前に来る日がわかっているので備える事はできるはずです。

これから来る台風には、どういった備えが必要か紹介していきます。

台風の前に備える事

typhoon-preparation02

まずは台風が来る前に備える事が大切です。大型台風だと被害が大きくなるので、早めに対策をする必要があります。

特に『食料物の備え』『非常用品の備え』『自宅内外の備え』を中心に台風に備えるようにしましょう。

台風の前に飲食物と非常用品を早めに備えよう

typhoon-preparation-water

台風が直撃すると、ライフラインがマヒして断水などが起こる可能性があります。

また倒木や電柱が倒れたりして、交通がマヒして物資が届かなくなる事もあり、ライフラインがマヒしてから非常用品を揃えようと思っても、品切れや交通がマヒして買いに行けない事もあり得ますので、飲食物や非常用品は事前に備えておきましょう。

特に飲料水に関しては、事前に準備するようにしてください。

台風の前に備えといた方がいい物リスト

・飲料水
・非常用の食料
・懐中電灯数本(予備の電池も備えておきましょう)
・ライター、マッチ
・救急薬品
・電池式ラジオ
・携帯充電器
・車にガソリンを入れて置く

台風前に家で行うべき備え

typhoon-preparation-home

台風の前には家の周りで補強したり、家族内で緊急時の決め事など行った方がいい事があります。

事前に備えていないと、いざと言う時にパニックになってしまうので台風が来るとわかっているのであれば、備えるといいでしょう。

ライフラインがストップする場合も考え、風呂桶に生活用水を貯めておくと万が一の時に役立ちます。

家族で緊急時の決め事をしておく

台風による緊急時の連絡方法や落ち合う場所の確認をしておくと、万が一の時に助かりますので決めておきましょう。

また家の近くに河川や土砂災害の恐れのある地域が近くある場合は、ハザードマップで確認して家族内で共有ができるようにしておきましょう。

ハザードマップは各市役所、区役所でかくにんする事ができます。

家や家の周りを補強作業しておこう

特に大型の台風が近づいている時は、家の窓ガラスをガムテープで補強したり、塀の補強作業をしておきましょう。

庭に木が生えている家庭は、庭木に支柱を立てたり台風の直前までには植木を家の中に入れてください。

大型台風だと窓ガラスが飛んできた物や風で割れる事があるので、カーテンは閉めておいてください。

浸水する可能性がある場合は事前に準備しよう

自宅が浸水する可能性がある場合は、家電類は自宅の二階や高所に非難させましょう。

コンセントが刺さっていて、浸水してしまうと漏電の可能性があるので、気を付けてください。

台風情報や近隣住民の情報を知っておこう

Neighborhood-neighborhood

台風情報は毎日確認するようにしましょう。

仕事があったり予定がある方は、行かない事が好ましいですが、そうも行かない事もあると思います。

そういった場合は行き帰りの交通手段なども考えておかねばなりません。

またこういった時にこそ近隣住民の方とコミュニケーションを取っておきましょう。

近所に子供やお年寄りがいる場合はいざと言う時に助け合えるようにしよう

近所にお年寄りがいたり、小さな子供がいる家庭の事は気にしておきましょう。

万が一非難が必要になったりしたら、小さな子供を連れてたり、お年寄りの方は助けが必要になるかもしれません。

そういった場合に備えて近隣の方々とコミュニケーションを取っておくと、いざという時に助け合えます。

まとめ

台風は避ける事の出来ない自然災害です。

事前に備える事で被害が最小限に済む事もあるので、しっかりと備えましょう。