お見積もりはこちらからどうぞ
 

人気のあるメゾネットタイプの部屋ってどんな部屋?

room-maisonette

引越しを考えていて、お部屋選びの際にメゾネットタイプのお部屋をご検討された事はありますでしょうか。

もしかするとあまり聞きなじみがない言葉かもしれません。

今回はどういった方にメゾネットが向いているか等、メゾネットタイプのお部屋について、ご紹介させていただきます。

メゾネットタイプの部屋について

room-maisonette-02

メゾネットタイプとは、住居内で2階層以上に分かれている事を言います。

フランス語で「小さな家」を意味する「maisonnette」が語源と言われています。

簡単に言うとマンションやアパートのお部屋で内階段があり、上の階をお部屋としてお使いする事が出来るお部屋です。

メゾネットという言葉は、マンションやアパートのフラットタイプに対しての意味なので、一戸建てはメゾネットにはなりません。

ロフトとの違い

ここでは建築基準法の詳しい部分には触れませんが、ロフトは基本的に部屋の半分に満たない大きさで、厳密には部屋では無く収納スペースです。

一方、メゾネットは各階をお部屋として使う事ができ、内階段が付いていて、天井などにも制限が無いので、お部屋を広々とお使い頂けます。

内階段が付いていて、お部屋としてお使いいただける場合は、メゾネットタイプのお部屋と言えるでしょう。

メゾネットタイプの魅力

room-maisonette-good

アパートやマンションでもメゾネットタイプであれば、お部屋が各階で分かれているので、一戸建ての様にお使いいただけるのが最大の魅力と言えるでしょう。

集合住宅と戸建ての良さを取り入れていて、フラットタイプに比べて、プライベート空間を作りやすく、自由度が高いメゾネットタイプ。

さらにメゾネットタイプのお部屋は吹き抜けの構造となっており、採光や通気の部分も優れている点も魅力のひとつです。

子供がいらっしゃる方は、下の階への足音が気になったりすると思いますが、上の階を子供部屋にすることで騒音対策をすることができます。

メゾネットタイプの気になる点

room-maisonette- important point

メゾネットタイプのお部屋で気になる点は、設備の位置によっては動線が長くなってしまう事です。

例えば一階に洗濯機があり、ベランダが2階になると家事動線は長くなってしまいますよね。ご家族にお年寄りの方や小さいお子様がいらっしゃる場合は、しっかりとお部屋を見て決める必要があります。

物件によっては天井が高かったりすると冷暖房が効きづらい場合や、内階段が付いているので有効面積が小さくなっている場合もありますので、こういった点も確認をすることが重要です。

まとめ

どんなお部屋にも言える事ではありますが、自身のライフスタイルに合っているかどうかが重要だと言えます。

もしお部屋選びをされている方がいらっしゃいましたら、一度メゾネットタイプのお部屋をご覧になられて見てはいかがでしょうか。