お見積もりはこちらからどうぞ

【オフィス移転】良い立地とは?選ぶ基準や注意点

オフィスの移転先を決める際に、重要なポイントとなるのが立地です。良い立地に新オフィスを構えられれば、業務効率が向上するだけでなく、優秀な人材の獲得にもつながるなどさまざまなメリットがあります。この記事では、オフィス移転における立地の選び方の基準や注意点について解説します。移転プランを考える際にぜひ参考にしてみてください。

【オフィス移転】立地の重要性

オフィスの立地は会社の信用や経営戦略に関わる要素のひとつです。また、従業員の働きやすさや暮らしやすさに大きく関わるという点でも重要といえます。

例えば、都心部への移転の場合は交通の便の良さが大きなメリットになります。通勤時間の短縮ができれば、時間を有効に活用できるようになるでしょう。

逆に郊外の場合は、満員電車から解放されるため精神的な負担が軽減されます。また従業員がオフィスの近くに住む場合は、都心に比べると物価が安いため、生活しやすくなる点もメリットです。

良い立地にオフィス移転するメリット

良い立地にオフィスを移転することで得られるメリットは、従業員の働きやすさだけではありません。経営上では、業務効率と採用率の向上が期待できます。

業務効率が上がる

利便性が高い立地にオフィス移転することで、業務中の移動の負担を軽減できます。営業回りも、一定のエリア内で多くの取引先へ訪問できれば、業務効率が上がります。

また、周辺環境が充実しているオフィスであれば、従業員の満足度向上も期待できるでしょう。

採用率が向上する

利便性の高い場所やイメージの良い場所にオフィスを構えることで、求職者が集まりやすくなります。また、すでにブランド価値のある有名エリアなら、その場所で働けること自体が魅力となるでしょう。

結果、採用率・定着率の向上や、優秀な人材の獲得などの効果が期待できます。

オフィス移転時の立地選びの基準

オフィスの立地選びは、企業の経営戦略をもとに、アクセスや周辺環境・費用などを基準にしながら考えることが必要です。ここでは、立地選びの基準となるポイントを6つ紹介します。

交通アクセスの良さ

交通アクセスの良いオフィスは、通勤時間の短縮や業務上での移動時間の短縮などのメリットが得られます。

会社の最寄り駅がターミナル駅であれば、複数方面からの利便性を確保できます。また、利用可能な交通機関が複数あると、アクセスが便利なだけでなく、交通網のトラブルにも対応しやすくなるのでより安心でしょう。

最寄り駅までのアクセスについては、実際に駅から歩いてみて、時間や経路などを把握しておくことをおすすめします。同じ距離であっても見通しの良さや環境によって、アクセスのしやすさの印象は変わるからです。

なお、郊外のオフィスの場合には、移動手段が車になることも多いため、駐車場の有無や環境が重要になります。あわせて、都心部へ移動する際の手段についても確認しておきましょう。高速道路や新幹線などが利用できる環境であれば、都心部への移動もさほど負担になりません。

顧客・取引先となるオフィスとの距離

業務の中で顧客や取引先との関係構築を図る訪問が多い企業では、顧客・取引先から近いエリアかどうかも重要なポイントです。

顧客や取引先と近い立地なら、訪問時の移動時間を短縮でき、業務効率化が図れます。また、移動にかかる交通費を節約できる点もメリットです。

周辺環境の充実度合い

オフィス周辺の環境も、従業員の働きやすさに影響します。

徒歩圏内に飲食店やコンビニが充実していれば、従業員の昼食や休憩時に便利です。従業員同士のコミュニケーションの潤滑油としても役立つでしょう。

また、業務上関係のある金融機関や役所とのアクセスが良好であるかもチェックしましょう。手続きなどで頻繁に行き来する必要がある場合には、これらの施設と近い立地を選ぶことで、担当者の業務負担を抑えられます。

競合他社の立地

事業の顧客層や同業他社が集まるエリアは、そこに拠点を持つことで会社のブランディングにつながります。同業種が集まる立地を選ぶことで会社同士のつながりもできやすく、ビジネス上の効率化や相乗効果も期待できるでしょう。

オフィス賃貸にかかる費用

オフィスの立地を選ぶときには、費用面に考慮することも重要です。賃貸オフィスの賃料はエリアによって坪単価が大きく異なり、一般的に都心部の利便性の高いエリアやブランド価値のあるエリアは高くなります。

賃貸費用は、必ずかかるランニングコストです。自社の予算に合った坪単価のエリアを選ぶ必要があります。

街のブランドイメージが自社に合っているか

街のブランドイメージが企業イメージに影響を与えることがあります。そのため、自社の事業内容やブランディングに合ったエリアを選ぶことも重要です。事業内容に合うエリアなら、自社のターゲットとなる潜在顧客層の発見にもつながります。

また、エリアによるブランディングは会社の信用力を高める効果も期待できるでしょう。

オフィスの立地選びは優先順位をつけて行う

オフィスの立地選びにはさまざまなポイントがありますが、移転を成功させるにはどれも重要です。ひとつの条件にこだわらず、総合的な判断で選択しましょう。

実際にエリアを検討する際には、希望条件に優先順位をつけ、より適した立地を選ぶ方法をおすすめします。従業員の働きやすさ、エリア、賃料、確保可能なオフィスの広さなど、選択の軸をしっかりと持つことが重要です。

まとめ

オフィス移転における立地の選定は、今後の会社の成長に大きく関わります。移転で実現させたいことを明確にし、優先順位をつけたうえで最適な立地を選択しましょう。

オフィス移転先が決まったら、移転のスケジューリングや引越しの手配が必要です。オフィス移転にはさまざまな作業をともなうので、漏れや遅れのないよう、しっかりと計画を立てて進めてください。

オフィス移転の手配をお考えなら、スター引越しセンターにご相談ください。

スター引越しセンターは、ベンチャー特化型のオフィス引越しをはじめ、オフィス移転も大手引越し業者様に負けない格安価格で承っております。

例えば、3t車1台・スタッフ3名の引越しなら、他社様平均価格が75,000円のところ、スター引越しセンターは50,000円(税別)から提供しています。

実際の引越し作業のほか、オフィス移転に欠かせないレイアウト変更や内装工事、不用品の処分などもワンストップで依頼可能です。
お問い合わせはこちら