どうすれば引越し代金は安くなるのか?

morving-cheap

引越しをしようと思い、見積もりを取ると予想以上に引越し代金が高く、予算を超えてしまい困った事はないでしょうか。

今この記事を見ている方は、これから引越しの見積もりをする方や、引越しの予算を超えてしまった方のはず。

そこで今回は、スター引越しセンターが分かりやすく引越し代金を安くする方法をご紹介します。

引越し代金に大きくかかわる事

morving-price

引越し代金は、元々引越しの基本料金が引越し業者ごとに決まっていて、

そこから【移動距離】【荷物の量】【引越し時期】【その他のサービス】によって価格が決まっていきます。

引越しの距離に関しては、どうする事も出来ないので、引越し代金をなるべく安くしたい場合は、距離以外の部分から引越し代金を安くしていく事になります。

引越しの荷物の量を減らす

morving-baggage

引越しの荷物が多いと使うトラックが大きくなり、作業人数が増えその分引越し代金も上がってしまいます。

その為、引越しの荷物を減らす事で、引越し代金を安く済ませる事ができるのです。

まずは不用品などの処分する、断捨離を行い荷物自体を減らしましょう。

引越し業者が家電の買取や処分を行っている事もあるので、処分する物があれば引越し業者に買取査定に出してもいいかもしれません。

ただかなり年季が入っていたり、肌に触れる物は買取が難しい場合が多いようです。

※スター引越しセンターでは、家具、家電の買取、処分を行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

見積もりを数社から取る

morving-estimate

引越しの比較サイト等で、複数の引越し業者より見積もりを取りましょう。

引越し業者の料金は、会社によって様々なので、なるべく色んな会社から見積もりを取る事で、自分に合った引越し業者を見つける事ができます。

MEMO
引越し価格は、その会社の込み具合によって大きく料金があります。
複数の会社から見積もりを取って、仮にとても高い所が合ったとしても、それは騙そうとしている訳ではなく、その引越し業者がその日にちが込み合っている等の状況なのです。

引越しの時期を選ぶ

morving-season

もし引越しの時期がある程度、選べるようであれば、なるべく引越しハイシーズンの2月~4月は、特に避けた方がいいでしょう。

この時期は、ニュースでも取り上げられている、引越し難民も発生するくらいどの引越し業者も混みあい、さらに引越し価格もかなり高騰しています。

引越しハイシーズンを避ける事で、大きく引越しを安く済ませる事ができるでしょう。

早めに予定を立てて引越し価格の安い日を選ぶ

引越しのシーズンを選べる方は、引越しの繁忙期を避ける事で、大きく引越し価格を下げる事が出来ますが、実際は自分の好きなタイミングで引越しは、難しい所。

そんな時は、早めに予定を立てて引越しが、出来る日の幅を増やしておきましょう。

例えば、土日にしか引越しが出来ない場合でも、いくつか日を選べるようであれば、その中から少しでも引越し価格が安い日を選択する事で、引越し費用を抑える事ができます。

しかしこれが特定の日しか、引越しが出来ない場合。

特に繁忙期だとすると、どの引越し業者も埋まっていて、唯一引越しが出来る業者も、価格がかなり高騰していたなんて事も、引越し繁忙期には、よく起きてしまう事なのです。

引越し時に追加代金が発生しないようにする

morving-addtomoney

引越しをする場合は、料金が発生するような有料のサービスが発生をしないようにしましょう。

予定を決めたり、自分で行う事も増えるかとは思いますが、引越し費用を抑える事に繋がります。

時間フリーにする

引越し代金をなるべく抑えたい場合には、時間フリーは必須です。

時間フリーとは、引越しの開始時間をお任せにする事で、時間指定代金がかかりません。

基本的には、2日前に引越し作業開始時間の連絡が来ます。

梱包を業者に依頼しない

一人暮らしの場合は、ほとんど関係が無い話にはなるかと思いますが、家族引越しやオフィス移転の場合、荷物が多かったりすると梱包業者を利用して、梱包をしてもらう事ができます。

梱包業者を使うと、追加代金は発生してしまうので、自分たちで出来る範囲であれば、自分たちで梱包をした方がいいでしょう。

引越し代金を安くする時の注意点

morving-important

これまで説明した通り、引越し代金を安くする事はできます。

しかし引越し代金を安くしようとして、あまり無理はしないようにしましょう。

荷物を極端に減らそうとして、大きな家具を自分たちで運んで、落としたり壊してしまっては、逆に費用がかさんでしまいます。

あくまでも自分で出来る範囲で、引越し代金が安くなるように工夫するようにしましょう。