【移転コストの節約】オフィス移転の繁忙期っていつ?

一般家庭や、個人単位の引っ越しは、3〜4月頃に多く、引越し業者の繁忙期と言われています。

理由としては、転職・就職や進学など新たに住居を変える時期と重なるからです。

そのため、必然的に引っ越し料金が高くなり、通常時よりも余計にコストがかかってしまう時期でもあります。

一般家庭と同様に、オフィス移転も繁忙期があり、時期によっては通常よりも料金が高くなってしまう事も・・・

今回は、気になるオフィス移転の繁忙期についてご紹介します。

オフィス移転の需要が多い会社の決算時期:3月&10月

bureaucracy-2106924_640

オフィス移転にかかる費用は経費で計上するので、決算前に節税対策も踏まえて多くの企業がオフィス移転を検討します。

3月・10月を決算時期としている企業が多いので、この時期の前にオフィス移転の数が増え、移転に関わる引っ越し業者や配線工事業者などが忙しくなります。

そのため、引っ越し業者などへの見積や依頼が遅くなると、通常よりも金額が高くなったり、引っ越し業者とスケジュールが合わなくなってしまうこともあるのです。

早めに移転時期を決め、業者の手配も早めに行なうことが大切になります。

意外なタイミング!?5月

決算月以外にオフィス移転が多い時期としては、5月があげられます。

5月が繁忙期と言われる理由としては、3月、4月で新入社員が入社し社内の体制が変わるため、人員増加に伴い、オフィスを広くしたり部署を分けたりするために、移転を検討する企業が多いのです。

また5月には長期休暇があるため、会社が休みの間に移転を計画し易いというメリットもあります。

このようなことから、多くの企業が5月にオフィス移転を計画しているため、引越し業者や配線業者等の繁忙期となり、通常よりも料金が高くなるケースが多いのです。

コストを抑えたいと考えている場合には他の月にオフィス移転を検討するようにしましょう。

オフィス移転はいつ行うのがベスト?

agenda-2296195_640
一般的にオフィス探しのシーズンは9月〜3月だと言われており、その後移転をする企業が多いので引っ越し業者は忙しくなります。

オフィス移転に関わる業者の繁忙期は、4月〜5月、そして10月前ということになるのです。

業者の繁忙期に移転をすると、通常以上の料金に加え、時間帯などの融通がきかず、希望通りの移転計画をすすめる事が難しくなる場合もあります。

コストを抑えたい場合、4月〜8月の夏季の時期にオフィス探しをおこない、9月〜12月頃に移転をするのオススメです。

まとめ

オフィス移転の繁忙期を知っておくことにより、その繁忙期をさけて料金の比較的低い時期に移転することが可能になります。

また、オフィス探しの時期も合わせて知っておけば、より計画的にスムーズなオフィス移転が可能になるでしょう。

安く引っ越したい!という方はぜひすたー引っ越しセンターへご相談ください!

失敗しない「オフィス引越し」マニュアル

あなたは引越しで、こんな間違いをしていませんか?

・あれ、想像と違う?物件選びで失敗 ・・・

・コストだけを考えて・・・業者選びで失敗 ・・・

・仕事に影響大!電話・ネット回線の手配で失敗 ・・・

法人の引越しは、その後の会社の業績を左右する一大プロジェクトです。

私たちは引越し業界に入って、20年以上になりますが、その間、数え切れないほどの法人の引越しの現場に立ち会ってきました。 その経験を通して、感じたことは、法人の引越しは個人の引越しとは違い、たくさんの工夫ができる余地があり、上手な引越しのやり方を知ってさえいれば、誰でもコストを抑え、効率的かつ効果的な引越しができるということです。

そこで、今回は、私の20年以上の現場経験を踏まえて、「法人の引越し担当者のための失敗しないオフィス引越しマニュアル」として、1冊にまとめました。

ぜひ、引越しの前に熟読していただき、失敗しないだけでなく、新天地への素晴らしい第一歩を踏み出すための引越しができることに役立てていただけたらうれしく思います。