【社員が増えてきて手狭になってきたと感じる方必見!】オフィスを移転することで会社にもたらされる3つのメリット

5人で立ち上げた会社が10人になり、20人になり、そろそろ広いオフィスに移転しようかと考えている経営者の方は必見です。

オフィスを移転することによって、採用量、離職率の低減、情報収集の効率化を図ることができます。

せっかくオフィスを移転するなら、会社へのメリットが多い物件を選びませんか?

オフィス移転のメリットその① 会社移転で採用の質が上がる!?

light-828547_1280

立地の良いオフィスや広く清潔なエントランスのオフィスビルへ移転することで、オフィス内の雰囲気がよく見えるようになり、優秀な人材が集まることもあります。

応募を増やしたいという会社は、ブランド力の高いエリアへの移転がオススメです。

アクセスが良く、雨の日でも地下通路を使えば電車の改札口まですぐというようなオフィスは立地だけで

また、就活生からの応募を増やすにも自社イメージの向上は必要不可欠です。

立地やアクセスが良いエリアへオフィスを移転することで、企業イメージだけでなく今後の事業に対してもポジティブなイメージを与えやすくなります。

立地やアクセスの良さに加えて、エントランスやオフィス、エレベーターが綺麗にされていると、そこで働きたいというモチベーションアップにも繋がり、応募人数の増大が見込めるでしょう。

 

オフィス移転のメリットその② 会社移転で社員の離職率が下がる!?

youth-570881_1280

残業時間を減らしたり、社員旅行を実施したりと福利厚生に力を入れ、企業のブランディングの向上を図ることは大切です。

他にも、オフィス内の設備を整えることで社員が働きやすい環境を作ることができ、離職率の低下に繋げることができます。

特に、今の会社では実現できなかった環境作りも、オフィス移転時であれば、引越しと同時に行うことができます。

現在のオフィスで何を不満に感じているかは、社員に聞くことが改善への近道になります。

オフィス移転が決まったら社員へアンケートするなどして、現オフィスの改善点を洗ってからエリアや物件、理想のオフィス環境をヒアリングするのが良いでしょう。

会社移転と共に社内設備も充実させ、社員の働きやすさを向上させることで、モチベーションも上がり、職率低減にも繋がります。

綺麗なオフィスに移転すると同時に、社内の設備も一新して社員の働きやすさを向上させてみてはいかがでしょうか?

オフィス移転のメリットその③ 会社移転で情報収集の効率化

office-594132_1280

職種によっては、情報収集の効率化を図るために会社を移転する場合もあります。

例えば、表参道・原宿付近は飲食などの接客系やアパレル系のオフィスが数多く構えていることが挙げられます。

これは、表参道・原宿にはオシャレや流行に敏感な人たちが集まる傾向があり、常に最新の情報や商品のトレンドが溢れているので、表参道・原宿にオフィスを構え、同業の人たちとの交流や、街を歩くだけでも何か仕事に繋がるアイディアを生みだす可能性があるからだと考えられます。

 

まとめ

会社移転は、社員や就職希望者の職場に対するモチベーションを変化させることができます。

会社の将来のためにも、会社移転の際は時間をかけてベストな地域を探し、社員が居心地よく働くことができるオフィスづくりを心がけましょう。