引越し時の家電の注意点

1人暮らしの引越しでも、ファミリーでの引越しでも、引越し時の家電にはいくつか注意しなければならない点があります。

ヘルツによっては家電がお住いの地域で使えなかったりする場合もありますし、テレビやエアコンは配線や取り外し、取り付け等に注意しなければなりません。

持って行った家電がその地域で、使えなかったら用意するまでに困ってしまいますし、配線なども分からないと使うまでに時間がかかると困ってしまいますよね。

そこで今回は引越し時の家電の注意点をいくつかご紹介します。

ヘルツ(50Hz/60Hz)の確認

電力会社から流れてくる電気には地域によって違いがあり、50Hzか60Hzの周波数の電気が流れています。

家電にも対応ヘルツがあり、家電の種類によっては、ヘルツによってお住いの地域で使えない場合があります。

ヘルツに関係なくお使いいただける家電も多くありますが、対応ヘルツには注意が必要です。

表示が50/60Hzとなっていれば、ヘルツフリーと呼ばれどの地域でも使う事ができます。しかし表示が50Hz60Hzの場合は確認してください。

特に電子レンジと洗濯機は、対応ヘルツが違うと使えないので、注意した方がいいでしょう。

ヘルツの分かれ目

静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、ヘルツは日本の西と東でちょうど分かれていて、東が50Hzで西が60Hzとなっています。

東京から大阪や大阪から東京等は、わかりやすかもしれませんが、ちょうど境目辺りにお住い予定の方は事前に調べておくといいでしょう。

ですが家電全てがヘルツの違いで使えない訳ではないので、使えるのかどうかも注意が必要です。

エアコンの取り外し・取り付け

エアコンの取り付け、取り外しは自分で行わず業者に依頼しましょう。

慣れていない状態で作業を行うと事故や破損に繋がってしましますので、無理をせずに業者に頼んでください。

エアコンは取り外しが出来ていないとお運びができませんので、注意をしてください。

スター引越センターでは、エアコンの取り付け・取り外しの業者への手配を致しますので、お気軽にご相談くださいませ。

テレビの配線

引越し先で意外と困るのがテレビの配線です。

テレビの配線は一度つなぐとそのままの状態にすることが多いので、これを外すと分からなくなってしまいます。

引越し準備の時にビニールテープに番号等をふって分かるようにするといいでしょう。

テレビの本体は当日にこちらで梱包を行いますので、ご安心くださいませ。

冷蔵庫の電源を抜いておく

引越しの前日には、遅くても8時間前には電源を冷蔵庫の電源を抜いておいてください。

霜がついている場合お運びをしている最中に周りの荷物が濡れてしまう場合もあります。

そうならない為にも前日から電源を抜いて霜取をする必要があるのです。

データのバックアップを取ろう

引越しでは、もちろんパソコンやDVDプレイヤー等の内部にデータが保存されている物をお運びする事もできます。

しかしここで注意をしていただきたいのが、もし作業中に破損が起きた場合、本体が修理や弁償になったとしても、内部データは復元は保障対象外となりますで、大切なデータが入った荷物を運ぶ際は、バックアップを取るか、ご自身で運ばれる方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

引越し後もスムーズに使う為にこういった作業は大事になりますので、是非お試しください。

≪お見積り無料です!≫
お気軽にお問い合わせください♪
お引っ越しのご用命は、スター引っ越しセンターへ♪

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v

個人のお引っ越しはこちら http://www.star-hikkoshi.com/
オフィス移転ならこちら https://www.starmoving.jp/office/index.html

投稿者プロフィール

けーすけ
スター引越センターのけーすけです!
趣味は映画鑑賞、旅行、野球観戦です!
マメ知識や話題のニュース等をクローズアップしていきます!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

スター引越センターのけーすけです! 趣味は映画鑑賞、旅行、野球観戦です! マメ知識や話題のニュース等をクローズアップしていきます!