一人暮らし引越しの作業時間はどのくらいかかる?

一人暮らしの引越しだと、引越し時間はどのくらいかかるのでしょうか。

もちろんお荷物量やトラックと玄関先の距離などの条件によって変わりますが、引越しの期間は何かと忙しかったりするので、なるべく早く引越しを終わらせたいところではありますよね。

何度かお引越しをされた方は、何となくイメージが付くかと思いますが、初めての1人暮らしなどの引越しだと、どのくらい時間がかかるのかイメージはしづらいはず。

そこで今回は一人暮らし引越の作業時間の目安について紹介いたします。

荷物を運ぶ時はまずは養生から!!

引越しの荷物を運び出す前には、必ず台車が通る範囲のスペースに床や壁に傷が付かないように養生をします。

マンション等であれば、基本的には玄関の壁、床やエレベーターの中、エントランスの床などに養生を貼ります。

通常のマンションであれば、15分程度で養生を張る作業が終わります。

荷物運び出しは大体45分ほどで終わる

morving-time

建物の養生が終わった後は、荷物の運び出しを行います。

一人暮らしの引越しの場合、荷物はだいたい段ボールも10箱~15箱に家具、家電が数点となる場合が多いです。

このくらいのお荷物量であれば、トラックの大きさは2トントラックになります。

玄関からトラックまでが近く、高層階マンション等ではなくエレベーターが使用ができれば、お部屋の荷物の運び出しは、1時間くらいで作業は終わります。

荷物の搬入

morving-time

移転先にトラックが付いたら、旧居同様に養生をしっかりとして、建物に傷が付かないようにしてから搬入の作業に入ります。

こちらも運び出しと同じで玄関とトラックの距離が近い方が作業時間は短くなります。

ご自宅の前にトラックが止められなかったり、高層階でエレベーターがなかなか使えない等で無ければ作業は運び出しより、時間が短くなる場合が多いですが、大物家具、家電の配置が決まっていないと作業時間がかかってしまいますので、家具、家電の配置は決めておきましょう。

1人暮らしで問題なく作業が進めば、こちらも養生の作業を入れて全体で1時間程度で作業が終わります。

段ボールに置き場所を書いておくとスムーズ

段ボールに荷物の内容が書いてあると、作業員が置き場所を分かるので作業がスムーズに進みます。

引越し作業が終わった後の開梱作業も楽になりますので、できるだけ段ボールに荷物内容か置き場所を書いて置きましょう。

まとめ

あくまでも一般的な1人暮らしの場合の作業内容とお時間の目安をご紹介させていただきました。

状況に応じて時間は変化しますので、気になる方は引越し業者に確認をしてみてください。

お引越しをご検討の方は是非スター引越センターにお問い合わせください。