一人暮らしの様々な失敗談

Livingalone-failure

一人暮らしが決まり、物件を決めている時には意外に気付かない事があり、住み始めてから気づき後悔することがあります。

初めての一人暮らしの場合は特に注意が必要です。

今回は1人暮らしの際に失敗をした事がある方の失敗談をご紹介します。

一人暮らしをする際の参考にしてみてください。

一人暮らしの失敗談:駅から家が遠い物件にしてしまった

Livingalone-failure01

初めての一人暮らしの際に起こりやすい失敗です。

駅からの距離は、住んでからキツさに気付く事が多く、住む前は自転車やバスを使うつもりでも住んでから後悔される方が多いようです。

一人暮らしの失敗談:自宅の周りに何もなくて不便だった

Livingalone-failure02

自宅周辺にスーパーやコンビニが無いと、一人暮らしはとても不便になります。

どんなに会社や学校の近くだとしても、ある程度自宅周辺に商業施設があると便利でしょう。

こういった施設が無いと、いざ住み始めると不便さが際立って、結局引越しされる方もいらっしゃいます。

一人暮らしの失敗談:最寄り駅が本数の少ない沿線だった

Livingalone-failure03

本数の少ない沿線は、不便なことが多いです。

1本乗り過ごすと時間が大幅にロスしてしまう事も少なくありません。

家賃の安さに気を取られてしまうと見落としがちな部分ですので、知らない沿線であれば事前に調べておきましょう。

一人暮らしの失敗談:日当たりが悪かった

Livingalone-failure04

一人暮らしの場合は、意外と日当たりを気にされない方が多くいます。

確かに一人暮らしの場合は、日中は会社や学校に行っている方がほとんどで、気にされなくても問題無い方はいるでしょう。

しかし日当たりが悪いと、いつも部屋はどんよりとしていて、洗濯物も乾きにくいです。

日当たりの悪い部屋を選ぶ時は、そういった部分でも気にする事なく生活できる方が向いています。

一人暮らしの失敗談:家具を大きな物で揃えてしまう

Livingalone-failure05

一人暮らしを始める時には、ゆったりと過ごしたいので、必要以上に大きな家具を買ってしまう方がいます。

基本的に一人暮らしの部屋は、あまり大きくない事が多いので、余計な物は置かない方がいいと言えます。

もちろん部屋に入りきる大きさで、そこまでスペースを取らない物であれば、問題はありませんが、必要以上に部屋のスペースを取ってしまう物などは買わないようにする方が、部屋を広々と使えるでしょう。

あまり大きくない部屋のベッドはソファーベッドがオススメ

一人暮らし様の部屋でも、ベッドを置いてしまうとそれだけで半分以上のスペースを取ってしまう事があります。

もし部屋があまり大きくなく、部屋を広く使いたい方は、ソファーベッドにする事で部屋を広く使えたという方もいるので、ベッド購入を検討している方にはオススメです。

まとめ

初めての一人暮らしは、分からない事が多く手探りで行っていく事も少なくありません。

しかし場所や物件を選んだ後は、簡単に変更も聞かないので、自分がそこで生活をしていく事ができるのか、しっかりと考える事が重要です。