一人暮らしの引越しは増税後にするべき?

morving-day

10月より始まる、消費税増税。

この消費増税前に企業転勤が増えて、現在引越し価格が高騰してきています。

一人暮らしを考えていたりしている方は、迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし一人暮らしの場合は、あえて増税後に引越しをする方が引越しを安く抑える事ができるのです。

増税前は引越し価格が高騰している

morving-highprice

例年9月は引越しは落ち着いていて、引越し価格は比較的安くなっています。

しかし今年は、増税前に企業転勤が増えてきているので、引越し価格が高騰しています。

9月に引越しを考えている方は、慎重かつ早めの予定を立てるのがいいでしょう。

増税後は引越し価格はどーなる?

morving-what

増税後の引越し価格は、高騰している価格から通常価格に戻ります。

今回の引越し価格高騰の要因は、消費税増税のみが関係していますので、増税が始まれば引越しを急ぐ人は居なくなるので、引越し価格は下がるでしょう。

つまり増税後の引越しは、狙い目の時期でもあるのです。

一人暮らしは増税後の引越しがオススメ

morving-best

増税前の引越しのタイミングは、増税を考えると引越し代金に限らず、不動産の仲介手数料なども影響を受けるので、引越しのタイミングとしては、いいタイミングかもしれません。

しかし引越し代金で考えると、一人暮らしの引越しの場合は、オフィス移転や家族引越し程、引越し代金は高くは無いので、大きく増税の影響を受けません。

その為、一人暮らしの場合は増税後の引越し価格が下がってきた時期に引越しをする事で、引越し代金を抑える事ができます。

9月中の引越しの場合、引越し代金を安くするには?

morving-lowprice

どうしても予定上、増税の前に引越しをしなくてはいけない場合は、とにかく早くに引越しの予約をした方がいいかもしれません。

9月下旬になると引越し代金が一番高騰しているので、引越しが埋まっていく前に予約する事が代金を抑える鍵となります。

引越し日の候補日をいくつか作る

引越し日に幅を作る事で、引越し代金を安い日を選ぶ事ができるので、なるべく引越し日を選べるようにしましょう。

引越しの時間指定をしない

引越しの時間を指定をすると、追加代金がかかったり、時間によっては希望の引越し日に引越しが出来ない場合があります。

時間フリーで予約する事で、追加代金もかからず、希望の引越し日に予約がしやすくなります。

まとめ

増税前の引越しは、予想が難しい部分があるので、早めに予定を決める事が大事です。

あえて引越し時期を少しずらすだけでも、大きく引越し代金が変わる可能性もあるので、引越し代金が予算オーバーの場合は引越し時期をずらす事も考えてみましょう。