お見積もりはこちらからどうぞ
 

自分の生活に合った日当たりの部屋を選びましょう!

room- perday

引越し先の物件を決める時には、日当たりの良さは気にされていますでしょうか。

一人暮らしの場合だったり、生活リズムによっては、日当たりを気にされない方が多いかと思います。

生活のリズムによっては、日当たりを重視しない場合がありますが、逆に生活のリズムによっては、日当たりが良い方が快適に過ごせることもあります。

日当たりが全てと言う訳ではありませんが、物件を決める上でも重要なポイントの1つとも言えるのも事実です。

住んでから日当たりをもっと重視すればよかった。。。となってしまっても、簡単には引越しはできないですよね。

という事で、今回は物件の日当たりについてご紹介します。

日当たりが良い方角は、南向き

room-sun-south

日本は南向き信仰と言われる南向きを好む建物の作りになっていることが多いです。

日本では太陽が東から昇り、南を通ってから西に沈んでいく為、南向き部屋は日当たりが良くなります。部屋は明るい時間が長くなりますので、家にいる事が多い小さいお子様や主婦、ご高齢の方には南向き部屋が向いていると言われています。

日中に家にいる事が多い方や日当たりが気になる方は、物件選びの際に日当たりも重視した方がいいかもしれません。

南向きのメリット

日が当たる時間が長いという事は、日中はほとんど照明を使う事がないので電気代の節約にも繋がり、部屋が明るい時間が長いので、生活リズムも整いやすく、洗濯物も早く乾きます。

日当たりが悪いと日中でも薄暗くなるので、照明が必要な日も出てきたり、洗濯物も夕方になっても湿っている事があります。

季節を問わず効果を発揮する

夏場は南向きは暑くなると誤解されがちですが、実際は夏場は太陽高度が高いので、上からの日差しとなり、南向き部屋は強い日差しは入ってきません。その為場所により差はありますが、他の方角よりも涼しい場合があります。

さらに冬は太陽高度が低くなり、部屋の奥まで日差しが入ってくるので、暖かく過ごす事ができます。暖房を使う時間が短くなり節約にもなります。

南向きのデメリット

南向きの部屋には、日が長く当たる為に床や家具、本等が日焼けで劣化しやすくなります。

さらに南向き部屋は、人気な為、他の方角より家賃が上がる傾向にあります。その為、日中あまり家にいない事が多い方は、その恩恵を感じられないかもしれません。日当たりを気にされる際は、自分の生活リズムと相談することが大切と言えます。

朝方生活の方は東向きがオススメ

room-sun-morning

太陽が東から昇ってくるので、東向き部屋は朝方の日当たりが良いです。朝方の生活リズムで過ごしている方などには東向き部屋が合っています。

しかし日中は、日が当たらないので部屋全体が少し薄暗くなりますので、日が出ていない時は照明が必要になる時もあるでしょう。

夏場の夜は涼しく過ごす事が出来るかとは思いますが、冬の夜は冷え込みますので、注意してください。

夕方に部屋が暖かくなる西向き

room-sunset-west

西向きは、夕方からの西日が入ってきます。その為日が落ちた夜でも部屋は暖かいまま保つ事ができます。

しかし日が入らない時間は少し冷え込んだり、夏場は強い西日で部屋が暑くなったりします。

生活リズムが夜型の方や寒さに弱く冬に、暖房をよく使う方には西向き部屋が合っているでしょう。

暑がりの方には北向き部屋がいいかも!

room-sun-north

北向きは他の方角に比べて、日が全然当たらないので、夏は涼しく冬は寒いので、暑がりな方には向いています。

家賃も他の方面を向いている部屋に比べて、安いのがほとんでです。また日が当たらないので家具や本等は、日焼けせずに長持ちする傾向があります。

しかし日が当たらないので、洗濯物が乾きにくかったり、日が出ていないと日中でも明かりを付ける必要があります。

なるべく家賃を抑えたい方は、北向きの部屋を選ぶといいかもしれません。

まとめ

日当たりの好し悪しは、ご自身の生活リズムや物件を選ぶ際の優先順位で異なります。

せっかく日当たりのいい部屋を借りても、生活リズムと合わなかったりするともったいない場合もあります。

物件の日当たりが気になる場合は、生活リズムと併せて考えてみてください。