お見積もりはこちらからどうぞ
 

愛犬のための災害対策は大丈夫?「愛犬のための防災BOX」の中身をチェック

台風や地震などいざ災害が起こったとき、ペットを飼っている人は自分たちの避難だけなく動物たちのことも考えなくてはいけません。そのため、人間用の防災袋とあわせて愛犬用の防災用品を揃えておくのがおすすめです。

そこで、獣医師監修のもと、愛犬ごとの育て方本と愛犬に合わせた厳選グッズをお届けするサービスを展開している「こいぬすてっぷ」(https://koinu-step.com/)が販売している「愛犬のための防災ボックス」を紹介します。

「愛犬のための防災BOX」の気になる中身は?

Free-Photos / Pixabay

2019年12月にリニューアルした「愛犬のための防災BOX」(7480円 税別、送料別)は、オリジナル防災手帳のほか、特に心配する声の多かった避難所でのマナーに注目し、「ウォーターレスシャンプー」、「ウェットタオル」、「わんこのUNCO」といった汚れ・臭い対策のグッズを封入。さらに、騒音・ケガ対策となる靴下をお入れするとともに、万が一のための応急処置セット、浄水機能のついたウォーターボトルなどが入っているそう。

災害時に役立つアイテムをピックアップして紹介

「PETKIT ワンタッチ・ウォーターボトル」は、片手で給水することができる密封性が高いボトルで、ロック機能が付いているため、もれにくく安心です。また、抗菌加工 (BioCleanAct(TM))が施された浄水フィルターで常に清潔なお水を与えることができるそうです。ココナッツの殻からできたエコな浄水フィルターを使っているのも魅力的。

「docdog Skitter PLUS」は、脱げにくさ”を追求した、獣医師監修のロング丈・ストラップ付きの犬用靴下。屋外での使用も可能で、散歩時の肉球保護にはもちろん、手足を舐めてしまうとき、傷や炎症があるときの舐め防止としても活用できるそうです。XXSからXLまで7段階のサイズ展開があるので、愛犬に合ったサイズを注文することができるはず。

そのほか、動物救急のプロ中村先生による応急処置セットは、テープ類のほか、エリザベスカラーの代用法や、ケガをした際の対応方法など緊急時に役立つ愛犬の防災手帳がトートバッグにイン。いざというとき、このトートバッグごと持って避難できるので手軽です。

ペット用品初の「防災製品等推奨品」の認証取得

「こいぬすてっぷ 愛犬のための防災BOX」は、一般社団法人 防災安全協会が主催する「第18回防災製品等推奨品審査会」にて、災害時の必要性、安全性、耐久性等のガイドラインに基づき、厳正なる審査の結果「防災製品等推奨品」の認証を取得したもの。同認証の取得はペット用品では初めてとのことで、これならいざというときも安心できそうですね。