夏の引越しで気を付けるポイント

夏の引越しは、他の季節と比べて気を付けなければいけないポイントがあります。
食品の管理だったり、作業中のご自身の体調管理にも引越し中は気を付けなければなりません。
しかしいざ始まると、引越しの事にしか頭が行かなくなってしまいますよね。
そこで今回はこれからの夏の引越しで気を付けるポイントをまとめてみました。

夏の引越しは暑さに気を付ける

morving-summer01
夏の引越し作業は、得に暑さに気を付けなければなりません。
設備の手続きを忘れていたりすると、暑さが原因で体調不良になってしまう事もあるので、注意が必要です。

夏の引越しはすぐにエアコンを使えるようにする

夏場の引越し時は、その日のうちにエアコンの取り付け設置をして稼働ができるように準備をしておきましょう。
窓を開けて風を流しながら、作業が出来るのが最適ですが、時間帯や天気によっては熱中症などになってしまう事もあります。
スター引越センターでは、エアコンの取り付け業者もご紹介致しますので、お気軽にご相談くださいませ。

夏場の引越し作業中は適度に休憩を取る

夏場の引越し後の作業は、こまめに水分を取り休憩を取りながら作業を進めましょう。
夏の引越しは思っているより、体力を使っています。必要なものから揃えていき、後回しで構わないものは後日にしてもいいかもしれませんね。

暑さ対策をする

エアコンが使えればそれでいいかもしれませんが、業者の来る時間が遅かったりするとエアコンが使えない時間があったりします。
夏の引越し作業は暑さ対策をしながら、ほこりを外に出しながら作業するのも一つの手段です。

夏の引越しは食材管理にも気を付けよう

morving-summer02
夏の引越しの場合の理想は冷蔵庫を空っぽにして引越しをする事ですが、近場の引越しなどでご自身で食材を運ぶ予定の方は、クーラーボックスを利用して食材の管理に十分気を付けましょう。

引越し先が近くても生ものは運ばない

引越しをされる方の中には、引越し先が近くなので食材は気にせず運ばれる事がありますが、仮に引越し先が近くても冷蔵庫は電源を入れても冷えるまでには少し時間がかかりますので、夏場だとその間に生ものが腐る恐れがあるますので、生ものは前日までに食べてしまうか処分する方がいいでしょう。

引越し作業中の汗による汚れ

morving-summer03
もし涼しい環境で片付け作業が出来ない時は、汗による汚れを気にした方がいいでしょう。
作業中に汗が落ちてしまうと、いきなり新居の壁や畳などに汚れが付いてしまうかもしれません。
汗はカビやダニの原因にもなりますので、気を付けましょう。

害虫対策をする

morving-summer03
夏場は害虫が否が応でも発生してしまいます。
特に引越し先は人がいない期間が長かったりすると雨水が溜まって蚊が大量に発生している事があります。

まとめ

夏の引越しの気を付けるポイントは暑さが関係しているので、事前に準備をしておくことが大切です。
夏に引越しをされる方は、体調管理に気を付けてくださいね。