風水を取り入れて、理想の体に近づくバスルームする方法

薄着になったり、海やプールで水着になる機会もある夏。ダイエットやボディメイクに勤しんでいるという人は、風水の力を借りることで、より効率的に取り組むことができるかもしれません。とくに、水を多く使う、バスルームはボディメイクに関わってくるスポット。そこで、雑誌やWEBの占いで活躍中の風水師 森冬生(もり・ふゆみ)先生に、メリハリボディを目指したい人におすすめのバスルームのインテリアを教えてもらいました!

ボディメイクには西の気を活性化させるのがポイント

StockSnap / Pixabay

メリハリのある体形づくりの味方になってくれるのは、「若い女性」を象徴する西の方位。西のラッキーカラーは白や黄色なので、入浴剤は乳白色のものを。また、洗面器はスムーズなエネルギーの流れを促してくれる、楕円形のものがおすすめ。

西は、金運アップでおなじみの方位ですが、豊かさや楽しみを司る方位という面ももっています。西の方位を意識したインテリアのバスルームにするのは、充実した夏を過ごすという意味でもいいかもしれません。

せっけんはバスルームの西に置く

Pezibear / Pixabay

バスルームの中央に立ち、入り口を北としたときに西側にあたる場所にせっけんやボディーソープを置くのが効果的です。体を洗うときに理想のボディをイメージしながら、気合いを入れて磨くと、相乗効果が期待できます。

白い枠のついた鏡をつける

鏡も西において気を引き締めるのが◎。できれば、こちらも西のラッキーカラーである白や黄色の縁がついていると、なおよし。シャンプーは、ボディーソープと並べずに、鏡を挟んで反対側に置くのがいいでしょう。

17〜19時に入浴する

Icons8_team / Pixabay

西の方位が活性化する時間は17〜19時です。仕事をしていると、この時間にお風呂に入るのはなかなか難しいですが、帰宅したらまずお風呂に入るという習慣をつけたり、どうしても帰宅が遅くなりがちな人は、休日などにトライしたりしてみてはいかがでしょう?

入浴時間など、毎日続けることができないものもありますが、バスアイテムを置く場所やバスグッズ・入浴剤の色など、簡単に取り入れることができることもあるので、やれるものからやってみるのがおすすめです。もちろん食事や運動の努力も必要ですが、いまいち頑張ることができないという人は、やる気アップの風水も取り入れてみてください。

風水で目標を達成できる部屋に!仕事やダイエットなどやり遂げるパワーをくれるインテリア