お見積もりはこちらからどうぞ

知って得する一人暮らしの収納術

一人暮らしの収納のコツは、狭いスペースをいかに活用するかというポイントにかかっています。

一人暮らしの場合、ワンルームマンションなどの狭い部屋に住む人は多いでしょう。1Rや1Kはクローゼットなどの収納場所があまり充実していないため、自分でうまく収納スペースを生み出すことがコツとなります。

そこで今回は、一人暮らしの収納のコツについて、おすすめのポイントをご紹介していきます。

一人暮らしの収納のコツ①空きスペースに収納

まず意識しておきたいのは、ちょっとした空きスペースを収納場所として活用していくことです。

例えば棚と棚の間や角など、空いている場所があればそこを小物の収納場所として活かしていきましょう。デッドスペースが埋まれば、そこにホコリが溜まって汚れることもなくなります。

空きスペースに収納しておけるものといえば、以下のような日用品があります。

・書類
・雑誌などの書籍
・ストールなどの場所を取らないファッションアイテム
・傘、折り畳み傘
・バッグ

ちなみにただ空きスペースに置くだけでは散らかってしまうことも多いため、本立てや収納ボックス、クリアファイルなどを利用して収納方法を工夫するのもコツの一つです。散らかりやすい小物類や書類などは、空きスペースを見つけてしまっておきましょう。

一人暮らしの収納のコツ②掛ける収納を意識

一人暮らしの収納のコツとして、特におすすめなのは「掛ける収納」です。

掛ける収納は、突っ張り棒やワイヤーネット、S字フック、壁掛けタイプの小物入れなどを使って誰でも簡単にできます。すべて100円ショップなどで手に入る収納グッズなので、一人暮らしを始めたてのときでもすぐ用意できるでしょう。

掛ける収納のメリットは、主に壁を活用するため場所を取らないことです。カラーボックスや本棚などの棚が必要以上に増えて部屋が狭くなることを防いでくれます。

例えばワイヤーネットとS字フックを活用すればアクセサリーや帽子、ストールなどを簡単に掛けて収納しておけます。普段使いする細かな日用品は壁掛けの小物入れに入れておきましょう。

ちなみに一人暮らしの部屋は一つだけクローゼットが備え付けになっている場合が多いですが、掛ける収納を実践して小物類の収納を済ませてしまえば、洋服類だけをクローゼットに入れることができ整理がつきやすくなります。

一人暮らしの収納のコツ③収納ボックスを活用

一人暮らしの収納を助けてくれるアイテムといえば、万能的に役立つ収納ボックスです。収納ボックスも、プラスチックのものや籠タイプのもの、ステンレスのもの、紙製のものまでさまざま100円ショップで購入できます。

収納ボックスは同じテイストのものを使って積み上げれば、「見せる収納」としてとてもおしゃれになります。大きいタイプの収納ボックスなら洋服類を入れることもできますし、もちろん小物類を入れて便利ボックスにするのも良いでしょう。

特に部屋にものが多い人には、収納ボックスは一人暮らしするうえで必須アイテムになります。収納ボックスにものを分類して入れれば散らからないため、部屋をきれいにする重要なコツになるでしょう。

まとめ

一人暮らしする際は、収納に困ることも多くなります。収納場所が狭い、そもそも部屋が狭くてものがあふれてしまう……そんな悩みは一人暮らし生活にはつきものです。

コツとしては、とにかく空きスペースや壁などを利用することです。狭い場所でも活用できる便利な収納アイテムを見つけて、一人暮らし収納のコツを実践していきましょう。