お見積もりはこちらからどうぞ
 

オタクが引越時に気をつけること。フィギアの梱包。

繊細で緻密に作られているフィギュアやプラモデルは衝撃に弱い部分(髪の毛の先や尖っている部品など)が多く、少ない振動でも破損しやすくなっています。

そのため、細部に渡った梱包が必要となります。

基本的には、ご自身での配送をお勧めしますが。。。どうしても、業者を使って引越をしなくてはいけない場合の為の梱包方法をご紹介します。

フィギュアや特殊なグッズの箱は残しておくべし

 

代表的なオタクグッズといえば2次元キャラクターを3次元に立体化したフィギュアたち。 「ねんどろいど」や「figma」のような小さなものから、スケールフィギュアと呼ばれる大きなものまでさまざまな種類があります。

オタクの引っ越しで一番悩ましいのは「フィギュア」の引越ですよね。 これまで飾っていたショーケースや机などの上から、新しいショーケースへ運ぶだけで神経をすり減らすというのに、箱詰めして輸送なんて大問題ですよ!

そこで活躍するのがフィギュアが入っていた箱と中身(ブリスター)。

輸送してもフィギュアが傷ついたり、破損したりしないように作られているので、残しておけば引っ越しのときに大助かりです。 小さなフィギュアであればクッション材や布、ティッシュなどで包んで対処できますが、大きなスケールフィギュアは購入時の箱を再利用するのがベストでしょう。

 

フィギュアが入っていた箱と中身(ブリスター)の保管

 

箱を保存しておくにもスペースが必要ですよね。 そんな時は箱をたたんでしまっておきましょう。

中身(ブリスター)だけを集めて、大きなものから重ねてしまえば、ある程度はサイズを抑えることができるので、ダンボール箱などに隙間なくしまえば箱だけを積み重ねるよりはるかに小さなスペースで保管できます。 次の引っ越しの時にも役立つので、できるだけ箱は残しておくようにしましょう。

 

「美術品輸送」もという専門配送業者もある!

 

ちなみに各輸送・運輸業者には「美術品輸送」という聞きなれない配達方法が用意されていることもあります。

これは専門のスタッフが絵画や彫刻などの美術品を破損しないように特別な梱包と配送を行ってくれるサービス。

配達料金が通常の10~15倍ほどかかりますが、「これは二度と手に入らないお宝なんだ!」というレアなグッズに利用すると良いかも!

 

「家財は引越し業者、グッズは宅配便」の2パターンを活用

 
「家財は引越し業者、グッズは宅配便」という2つを利用するのが、望ましいです。

引っ越し業者には家財道具やデスクトップパソコンなどの荷物を運んでもらい、 引越し業者とは1日遅れで届くように指定日配達を依頼したフィギュアたちが届くように設定します。

引越でまとめて荷物を運んだとしてもオタクグッズを広げるのは、家具をセッティングが終わり、荷物がある程度片付いてからがおすすめですよ。

 

ぷちぷち(エアクッション)を大量購入

 

凸凹としたエアクッション材(通称・ぷちぷち)を大量に購入しておきましょう。。購入時の箱を捨ててしまったフィギュアなどを衝撃から守ってくれる優秀な緩衝材です。 さらには食器などの壊れやすい日常生活用品にも使えて一石二鳥です。

しかも、最近はAmazonなどの通販サイトでカンタンに手に入るようになっており、量もたっぷりあって価格は1000円以下というのが多いです。 引越しの荷造り前に購入しておくと便利です。

引越業者などでも、緩衝材の購入が可能なところも多いです。引越前の見積時にキチンと荷物の詳細をつたえて、当日のトラブルを避けるように気を付けましょう。

 

壊れやすい物なので、基本的にはご自身での配送をお勧めしますが、業者に頼む際には、ご自身にてしっかりと梱包をするように御注意ください。

以上。フィギュアの梱包方法でした。

≪お見積り無料です!≫
お気軽にお問い合わせください♪
お引っ越しのご用命は、スター引っ越しセンターへ♪

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v

個人のお引っ越しはこちら http://www.star-hikkoshi.com/
オフィス移転ならこちら https://www.starmoving.jp/office/index.html