引越しの梱包で気を付ける荷物

morving-danger

引越しの時に必ず行う梱包。引越しの中でも、面倒な作業の一つでもあります。

しかし梱包の際に、適当に行ってしまうと後々怪我をする事になったりしますので、特に割れ物や刃物には注意が必要です。

今回は梱包の際に、気を付ける荷物についてまとめました。

引越しの梱包は、ゆっくりでも丁寧に!

morving-danger01
引越しの梱包は、ゆっくりと丁寧に行いましょう。

詰め込めることに意識しすぎてしまうと、引越しの後が非常に面倒になってしまったり、怪我をする原因にもなってしまいます。

刃物は引越しの梱包の際に、注意が必要

morving-house

引越しの梱包の際には、刃物の梱包には気を付けましょう。

まず刃物は必ず緩衝材などで、包むようにしてください。それが刃物と分かる様に緩衝材に色を付けたり、刃の部分が飛び出さないように、テープ等で固定しましょう。

また子供がいる家庭は、誤って子供の荷物に刃物が入っていて、子供が気付かず触ってしまい、それが原因で怪我をしてしまう事もあるので、刃物が入っている段ボールは分かる様にしておきましょう。

スター引越センターの段ボールであれば、上記の様に楽しく書いて子供にも注意書きができますね!

お皿などの割れ物も、引越しの梱包の際には注意が必要

morving-danger03

お皿などの割れ物にも、注意が必要です。

梱包の際には、割れ物ですのでしっかりと梱包をするかとも思いますが、運んでいる最中に割れている危険性があります。

なのでこちらも開梱作業の際は、割れているかどうか確認をしてから慎重に行いましょう。

お皿などが割れていて床に落としてしまうと、いきなり床を傷つける事になったり、掃除が必要になってしまいます。

ただでさえ、引越し後は忙しいですからね。余計な作業を増やさないようにしましょう。

引越しの子供の荷物にも注意しよう

子供がいる方は念の為、割れたり危険な物がないか、引越しの前には確認をしておきましょう。

刃物はもちろん、割れたりするものは、注意を払っておく事も重要です。子供は危険性を分からずに荷物を詰め込んでしまう事もあるので、ある程度は大人が把握しておきましょう。

割れ物や怪我になり得るものは、家族でまとめてしまってもいいかもしれません。

まとめ

引越しは、意外な物で怪我に繋がる事があります。

気持ちよく新生活を始められるように、引越しの梱包作業は丁寧に行いましょう。

梱包をしっかり丁寧に行う事で、引越し先での作業も楽になりますよ。

もし引越しの梱包が荷物の量や時間が無く、間に合わない方は梱包業者に依頼するのも一つの手段です。

急いで怪我になってしまっても、大変ですのでそういった時は、引越し業者または梱包業者に依頼しましょう。