オフィス移転はただ引っ越すだけじゃない!新オフィスでやるべき社員への優しい気配りとは?

オフィスの環境が良ければ社員のモチベーションも上がります。

オフィス移転の際には、立地や広さだけでなく、働く社員の立場になって設備も重視して選ぶといいでしょう。

ここでは、オフィスにあったら嬉しい設備について解説していきます。

新オフィスは仕事が捗る環境にする

オフィス移転の際には、社内アンケートなどを実施して社員の要望を知ることが大切です。

新オフィスはなるべく社員の人たちが満足できるように、充実した設備のあるところを選びましょう。

よくでる不満としては、エアコンや空調に関することが挙げられます。

広めのオフィスだと特にその傾向が強いです。

エアコンがオフィスの端の方にあると、エアコンの近くの席とオフィスの真ん中付近の席でだいぶ温度差ができてしまいます。

オフィス移転の際には、エアコンの位置をよくチェックして決めると移転後のトラブルを避けることができます。

快適な室温で仕事ができるだけで、仕事の能率がだいぶ違ってきます。

また、オフィスレイアウトも大切になってきます。

現在のオフィスレイアウトで社員の人たちがどう思っているのか把握しておくといいでしょう。

社員の人たちの不満を元に、新オフィスのレイアウトを決めることができれば満足のいくレイアウトに近づきます。

仕事がしやすくなり、業務効率も上がります。

休憩時にしっかりリフレッシュできる環境

休憩用の場所を設ける

働く人にとって休憩はとても大事です。

休憩で心も身体もリフレッシュするからこそ、休憩後の仕事も頑張れます。

現在のオフィスで社員の人たちの休憩できる環境を、引っ越し先でより快適にすることにより移転時の新オフィスに対する社員の満足度が高くなります。

休憩専用のスペースがないと、自分の席で休憩を取ることが多いため十分にリフレッシュできません。

休憩スペースが快適になることにより、仕事の効率化が見込めることに加えて仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

企業によっては、カフェのような休憩ルームを設けているところもあります。

ただ、予算の都合もあるため、可能な範囲内で休憩専用の場所を設けるのがいいでしょう。

トイレや喫煙所

比較的小さなオフィスだと、トイレが男女兼用になっていることや、喫煙所がなかったりします。

特に女性社員の場合には、男女兼用のトイレをあまり良く思わないでしょう。

現在のオフィスのトイレが男女兼用なら、新オフィスは男女別のトイレがあるところを選ぶのが望ましいです。

最近では、オフィス内は禁煙にしている会社がほとんどですが、廊下などでタバコを吸う社員もいます。

喫煙所を設ければ、タバコを吸う人も吸わない人も快適に仕事ができるでしょう。

まとめ

オフィス移転の際には、現在のオフィスで社員の人たちがどのような不満を抱いているのかよく把握しておくと、移転後困らなくて済みます

不満をなるべく解消できるようにして新オフィスを選ぶと、移転後には社員のモチベーションが上がるので業務にも良い影響が見込めます

社員のことをよく考えてくれている、良い会社だということが伝わります。

【無料レポート】失敗しない「引越し」マニュアル(個人編)

あなたは引越しで、こんな間違いをしていませんか?

・引越し料金の高い時期、安い時期があることなんて知らなかった・・・

・引越しでクレジットカードが使えるなんて、知らなかった・・・

・引越しで大切な荷物を紛失してしまった・・・

・子どもが生まれて、引越しするタイミングがなかなか分からない・・・

あなたは知っていますか?

引越しは事前にちょっとした知識を持つことで、通常よりも安く引越しできたり、トラブルを未然に回避することも可能なんです。

スター引越しセンターでは、人生に数回しかないイベントである引越しという作業をただ機械的に荷物を運ぶだけのつまらないイベントにするのではなく、少しでも楽しく新しい環境へ送り出すイベントにしたいと考えております。

ぜひ、引越し前にこの知識を手に入れて、失敗しない引越し、新しい環境への第一歩となる引越しとなるよう、この知識・情報を役立てていただけたらうれしく思います。

この記事が気に入ったらシェアしてね!