一人暮らしのワンルーム

おはようございます!スター引越センター広報担当のけーすけです!

一人暮らしを始める時には、実際どのような部屋が必要になるのでしょうか。

快適に過ごすには、ある程度の広さは必要になるかと思いますが、広くし過ぎてしまうと家賃が上がってしまうので、悩ましい所。

家賃を抑えたいという事であれば、一人暮らしにはワンルームのお部屋がオススメです。

そこで今回は一人暮らしで多い、ワンルームについてまとめてみました。

家賃が安く一人暮らしに人気のワンルームとは?

ワンルームは賃貸の中では家賃は安めなので、一人暮らしにはとても人気です。

ワンルームとは、ひとつの部屋で作られていて、居室とキッチンの境に扉が無い事が特徴です。

 

物件によってはワンルームになっても、部屋が広くなりそれほど不便には感じない事もありますが、基本的には6帖ほどの大きさの事が多いく必要最低限のものが揃った、シンプルな部屋になっています。

最近では、シンプルな作りでオシャレなワンルームも出てきています。

ワンルームのメリット

ワンルームのメリットは、キッチンと居室が分かれている1Kと比べて家賃が安く、キッチンとの境が無いので開放的に部屋を広く使う事がメリットと言えるでしょう。

部屋が一つなので、掃除の際も楽ちんに行うことができます。住居費を抑えたい単身赴任や一人暮らしの学生や新社会人には向いている部屋のタイプと言えます。

トイレ・風呂・クローゼット等の基本的な生活に必要なものは、揃っています。

ワンルームのデメリット

ワンルームのデメリットは、キッチンとの境が無い事ので、食べ物の臭いや煙が居室に漂ってしまったり、玄関からそのまま部屋になっているので、騒音や冬場の冷気などが気になる事と言えます。

また物件によって違いもあるのですが、ワンルームは基本的に狭いことが多く、不動産などの間取りで6帖と書かれていても、キッチンや廊下も含まれているので、荷物を置くと思っていたよりも狭くなることもありますので、その辺りも注意しましょう。

キッチンの位置で変わるワンルーム

ワンルームでキッチンが付いているタイプの部屋は、廊下側に付いているか、居室側に付いているか大きく分けて2つに分かれます。

キッチンをよく使う方や自炊をされる方は、同じ条件であれば廊下側にキッチンが付いている方が、臭いは居室に流れにくいので、廊下側キッチンの方がいいでしょう。

ワンルームの風呂・トイレ

ワンルームの場合コンパクトな部屋が多いので、風呂・トイレは基本的に共有になっていています。

これが気になる方は、風呂・トイレ別で物件を探した方がいいかもしれません。

まとめ

ワンルームに限らず部屋を借りる場合には、ご自身の優先順位を決めてから部屋を決めましょう!

ワンルームは基本的に家賃が安く、部屋はシンプルな作りで一人暮らしの方に向いているお部屋です。

中にはワンルームでも広いお部屋だったり、風呂・トイレが別のワンルームもあります。

これから一人暮らしを始める方は、是非ワンルームを検討してみてください!