引越しの前の梱包手順

おはようございます!スター引越センター広報担当のけーすけです!

引越しの際の梱包作業は、一人暮らしでもファミリーでも自分が思っていた量を超える場合が多くあったりすると、梱包作業の手がなかなか進まないですよね。

さらに梱包は順番を間違えてしまうと梱包も開梱にも時間がかかってしまい、梱包を考えながらすればよかったとお声が多いです。

もし引越しの当日までに梱包作業が終わらず、引越し作業員が当日梱包を手伝うことになると追加代金が発生してしまいますので、梱包作業はなるべく早めに終わらせた方がいいです。

そこで今回は梱包作業の手順をご紹介致します。

引越し前の準備~断捨離をしましょう~

引越し準備のタイミング

引越しの準備は遅くとも2週間前が目安となりますので、それまでには引越し業者も決めておきましょう。

基本的には、引越し業者が梱包材を送ってくれます。ただし1人暮らしで1Rや1Kのお部屋であまりにも早く梱包をしてしまうと狭くなり生活しづらくなってしまうので、注意してください。

スター引越センターは、最短で2日後から段ボール、緩衝剤等をお送りする事ができます。ご自身の予定に合わせてご連絡ください。

段ボールの大きさは電子レンジくらいの段ボールを無料でお送りさせていただいております。

お部屋ごとに梱包をする

梱包は種類分けではなく、お部屋ごとに行いましょう。種類で分けてしまうとこちらも開梱の時に手間がかかってしまいます。

まずはお部屋の中で引越しまでに使う物と使わない物を分けましょう。使わない方は段ボールのフタを使う物はフタをしなければ、前日でもすぐに運び出せるようになります。

注意としては、玄関の梱包は早めに行ってしまうと荷物が邪魔になったりします。

靴は最後まで使いますので、1人暮らしの方もファミリーの方もギリギリに行うのが理想です。

割れ物には必ず緩衝剤を使おう

食器や割れ物には必ず緩衝材を使ってください。衣類で包む方もいますが出来れば緩衝材が好ましいです。

もし緩衝剤がギリギリで無くなってしまったりしたら新聞紙でも大丈夫です。

スター引越センターでは段ボールと一緒に緩衝材をお送りする事ができますので、必要な方は事前にご連絡ください。

梱包の際は中身が分かるように梱包しよう!

適当に梱包をしてしまうと運んでいる途中で壊れてしまったり、割れてしまう事にもなりかねませんので注意してください。

また段ボールの梱包の際に気を付けていただきたいのが、段ボールの中に何が入っているか分かるようにする事です。

ファミリーでの引越しでお荷物が多かったりすると、開梱の際にいちいち開けて確認がしなければいけません。また作業員に中身を伝える意味でも段ボールに内容物を書くのは有効です。

シーズン物であれば無理に開けずに、そのまま置いておき使うときに開梱でもいいかもしれませんよね。

段ボールの中身が分からないと、開梱作業の際に後から荷物が出てしまったり、また運ばないといけなかったりしたら大変ですので、そうならない為にも、中の荷物を段ボールにそのまま書いておきましょう。

スター引越センターの段ボールは2017年にGOOD DESING AWARDを受賞しています!!

梱包業者に依頼

自分で急いで梱包作業を行っていて、やはり前日の夜に間に合わなかったりなんてなると大変ですので、急遽のお引越しや荷物がかなり多い場合等は、梱包業者に依頼する事をオススメします。

梱包業者が入ってもあまり人に見られたくない荷物などは、自分で行えますのでご安心ください。

引越し期間はとにかく忙しくなるかと思います。優先順位を付けてなるべく効率良く作業をしていきましょう。

スター引越センターでは梱包業者を手配する事ができます。ご希望の方はお気軽にご相談くださいませ。

≪お見積り無料です!≫
お気軽にお問い合わせください♪
お引っ越しのご用命は、スター引っ越しセンターへ♪

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v

個人のお引っ越しはこちら http://www.star-hikkoshi.com/
オフィス移転ならこちら https://www.starmoving.jp/office/index.html

投稿者プロフィール

けーすけ
スター引越センターのけーすけです!
趣味は映画鑑賞、旅行、野球観戦です!
マメ知識や話題のニュース等をクローズアップしていきます!

この記事が気に入ったらシェアしてね!

ABOUTこの記事をかいた人

スター引越センターのけーすけです! 趣味は映画鑑賞、旅行、野球観戦です! マメ知識や話題のニュース等をクローズアップしていきます!