お見積もりはこちらからどうぞ
 

【体験談】引越業者のスタッフが、自力でする引越!【梱包編】

はじめまして!自称スターのみんなのママこと、mamaです( ˘ω˘ )

2か月前の話になりますが、自分の引越をしました(*^_^*)

かくかくしかじかの理由がありまして…私と子供二人での引越!

引越屋さんに勤めながら、引越屋さんに勤めてるからこそ!

自分たちの引越を自分達でチャレンジ!!

息子が高校生と中学生になっているので上の子の人脈を使い、高校生パワーをフル活用(^_-)

そしてママ、パパ友にもお手伝いをしていただきながらなんとか自分達で引越をしました!

そんな体験談(梱包編)をお話しします~♪

 

 

まずやるべきことは断捨離。

今回の引越の課題は。。。

『お引越先が少しせまくなる』

事と、

『収納が半分になる』

事。

ということで。。。

まずは断捨離作業をスタート!!

梱包したダンボールを置くスペース確保の為にも、まずは何が入っているのか分からない押入れから。。。

これがなんと!ほぼほぼ、しまい込んでいた不要な物達。。。(+o+)

バッグやら、使ってない布団やら、何年前の服、子供のおもちゃやら出るわ出るわ。。。

子供と「これ使うかもね?」の封印を誓い、ゴミ袋に分別し続け1日だけで30袋ものいらないものが。。。

引越当日までに結局トータルで70~80袋くらい捨てたと思います⊂⌒~⊃。Д。)⊃

とにかく分別しながら毎日のようにゴミ置き場にせっせと運びました。

ここでワンポイント!

懐かしがってはダメ。思い出に浸る暇なんてないのです!!

懐かしくても着ない服や使わない押入れ奥の忘れ去られた存在達とはお別れです。

そして、もう一つのテーマが大物や資源に出せない処分品達。

今回はベッド、二段ベッド、箪笥等も、もろもろ処分を予定だったので行政の粗大ごみにインターネット申し込みをしました。

…これが最短10日後(-_-;)

ここでまたポイント!

行政を使っての処分をご検討中のお引越予定の皆様!!!

何よりも先に、粗大ごみの申し込みをしてください!!!

 

 

自分達での引越での役立つ梱包術

圧縮袋が便利!

ハンガーに掛かっている洋服をハンガータイプの圧縮袋にいれて梱包。

これは梱包時から荷物ががさばらず大成功でした。3分の1のスペースに。

衣裳持ちの女性人。ファミリーにはお薦めです!

 

衣装ケースをフル活用!

殆どの衣類は衣装ケースにおさめました。

そのまま運べるし開梱せずに新居先でそのまま使えるしダンボールに入れるより効率的でした。

 

 

まだまだ荷物の運搬や開梱、その後の細かい片付け談はありますが、今日はここまで♪

結果、引越の知識があるからこそ、自力で行いましたが、やっぱり人にやってもらった方が樂ですね(^^)/笑

息子たちとお友達に感謝です!引越作業で楽しく行えて家族のいい交流になりました!

 

 

★スター引越センター★

お見積りはフリーダイヤル0800-1111-555(8~21時)

info@starmoving.jp メールは24時間受付しています(^^)v