お見積もりはこちらからどうぞ
 

増税後は引越し代金が値下がるので引越しの狙い目!?

今回の消費税増税の影響で、今年の九月は引越しの需要がとても高まりました。

引越し業者によっては、早い段階で満車となり、引越し代金も例年より高騰していました。

しかし今後増税後は、引越しの駆け込み需要が落ち着いていき、引越し代金も下がる事が予想されます。

引越しを考えていたりする方は、増税後の落ち着いた時期に引越しをすると、引越し代金を抑える事が出来るかもしれません。

増税後は引越し代金が下がる!?

moving-price-down

増税前の引越しの需要が高まったのは、多くの企業が社員の転勤を早めた事で、引越し需要が高まりました。

しかし消費税増税が始まれば、企業は転勤を無理に早めなくなります。

そうすると引越し需要は一気に波が引くので、それに合わせるように引越し代金も下がっていきます。

その為、引越し代金が値下がる、増税後は引越しの狙い目でもあるのです。

引越し代金が下がるタイミングを狙おう

moving-price

増税前の引越しやオフィス移転のタイミングを逃した場合もネガティブに捉える必要はありません。

確実に引越し代金が下がるタイミングを狙えば、安く引越しをする事だってできます。

引越しの繁忙期前の狙い目は、『10月~1月』辺りになるでしょう。

2月~5月中旬は引越しの繁忙期なので、増税前の引越し以上に代金が高騰しますので、近々引越しを考えている方は、年内での引越しをする事で大幅に引越し費用を抑えられるでしょう。

引越し代金の価格交渉がしやすい

引越しシーズンが落ち着いている時期は、引越し業者に価格交渉がしやすいです。

特に平日の引越しであれば、価格交渉に応じてくれる事が多くなります。

繁忙期の引越し代金の半分以下になる場合もあります。

今後会社の転勤は時期を早めるべき?!

moving-fast

会社の転勤も早めるべきだった。とタイミングを逃した企業の方も出来るのであれば、いっその事転勤時期を早めてもいいかもしれません。

例年2月~4月に従業員の転勤を行っている会社は、今後は転勤費用がさらにかかってしまう可能性があります。

2月~4月は引越し代金が一番高騰していて、さらに消費税増税の2%が例年より上乗せされてしますので、今後は例年より転勤費用が掛かるでしょう。

その為このタイミングで、会社の転勤時期を変える事で、消費税増税10%は仕方ないにしても、引越し価格が安い時期に転勤を行う事で、転勤費用を大きく抑える事が出来るのです。

転勤者の半分でも早めに行うと費用は抑えられる

会社によっては、転勤時期を早めるのが難しいという会社も多いとは思います。

そういった場合は、少ない人数だけでも転勤を早める事で、引越し費用を抑える事ができるでしょう。

毎年決まった時期に転勤を行っている会社は、社内で検討してみてもいいかもしれません。

特に社員数が多い、会社は転勤を早める価値は大いにあります。

まとめ

引越し代金は、消費税増税の影響を受けますが、引越しの値段は時期での変動が一番大きいです。

安い時期を選び、引越しや転勤をする事で費用を抑える事ができるのです。