【移転担当者必見】オフィスの引越しの「?」を解決!よくある質問3選

オフィスの引越しをする際に、「どこから手を付けていいのかわからない」「どれくらい費用がかかるのか」といったお悩みが出てくるのではないでしょうか。

今回はオフィスの引越しをする際に、よくある質問とお悩み解決策をご紹介します。

どこから手をつけたらいいの?移転計画の流れについて知ろう!

オフィスの引越しに慣れていない方は、まずどこから手をつけていいかわからず戸惑うはずです。

わからない状態で取り掛かり始めると、効率が悪く時間が無駄にかかってしまうケースも少なくありません。

スムーズに引越しを終わらせるために、移転計画の流れを知っておきましょう。

    1. まず、「何のためにオフィスの引越しをするのか」という目的を明確にしてください。
      目的を把握することは「最適な物件を選ぶ」「ずれのないスケジュールを組む」ことに繋がります。

 

    1. 次に、解約予告期間の確認が必要です。
      オフィス契約解除の際には、事前にオーナーやビル管理会社に解約予告をすることが義務づけられています。
      旧オフィスの解約に関する取り決めを予め確認しておきましょう。

 

    1. その後、原状回復の条件確認が必要です。
      オフィス明け渡しの際には、入居時の状態に原状回復しなければなりません。

 

    1. 移転先と移転日を検討し決定します。
      移転日をもとに、引越し予定を立てるなど移転計画立案を行い必要な作業を確認し、スケジュールを整理してください。

 

  1. 様々な庶務関係の手続き(電話回線移転、郵便物の転送など)に取り掛かり、「電気工事」「内装工事」「電話工事」「LAN工事」など各専門会社に依頼する必要があります。
    内装レイアウトを考え、オフィスプランニングをしておきましょう。

ここでやっと、本格的な引越し作業に入ります。

オフィスの引越しが終わったら関係官庁への届出が必要です。

順序立てて覚えておくと、抜け漏れなくスムーズに移転作業を行っていけるでしょう。

一体どれくらいの費用がかかる?それぞれの費用相場をおさえよう!

yen-2177672_640
オフィスの引越しを考えている方にとって、費用感は最も気になるところではないでしょうか。

大体の相場を把握しておくと、予算が組みやすくなるはずです。

    • 原状回復工事費
      回復箇所が少なめであれば3万円/坪。普通程度であれば5万円/坪
      ※ビルの指定業者が入る場合が多いので、要確認、要交渉。

 

    • 家賃の不払い分
      明け渡し日までの賃料発生期間は日割りにする場合が多い。

 

    • 明け渡し日までの水道光熱費
      共益費・管理費等で含まれる場合に発生します。期間要確認。

 

    • 内装工事費(間仕切り・フロア敷設・看板設置など)
      一般的には5万円~10万円/坪

 

    • 引越し費用
      一般的には移動する社員一人あたり2万円から3万円程度。

 

    • 梱包資材の購入費
      引越し業者によってはサービスでついている場合もある。

 

    • 不用品の廃棄処理
      2tトラック1台あたり8万円程度。

 

    • インフラ(電気・電話・LAN)配線工事費
      社員一人あたり5万円程度。

 

    • 什器(じゅうき)の購入費
      机や棚、作り付けのテーブルなど。

 

  • 保証金などの預託金
    賃料の12ヵ月が標準的。

予想以上に費用がかかるのではないでしょうか。

多めに予算をとっておくことが大切です。

引越しまでに準備しておくことは?外せないポイントをチェックしておこう!

office-336368_640
事前に準備することで、より良いオフィスの引越しに繋がるポイントがあるので、ご紹介します。

「持っていくもの」「捨てるもの」をしっかり選別し、搬入スケジュールの作成をしっかり行っておきましょう。

「荷物が減る」「事前にスケジュールを組む」ことで引越し費用を抑えられるかもしれません。

また、現在のオフィスの改善点を抽出しオフィスのレイアウトを固めておくと、より働きやすいオフィス作りに役立ちます。

引越しに近い日ではドタバタしてしまうため、事前の準備が大切です。

まとめ

オフィスの引越しをスムーズに進めるためには、移転作業の流れを把握しておくことや事前準備をしておくことが大切です。

予算、時間ともに余裕を持って、オフィスの引越しに取り掛かるようにしましょう。

失敗しない「オフィス引越し」マニュアル

あなたは引越しで、こんな間違いをしていませんか?

・あれ、想像と違う?物件選びで失敗 ・・・

・コストだけを考えて・・・業者選びで失敗 ・・・

・仕事に影響大!電話・ネット回線の手配で失敗 ・・・

法人の引越しは、その後の会社の業績を左右する一大プロジェクトです。

私たちは引越し業界に入って、20年以上になりますが、その間、数え切れないほどの法人の引越しの現場に立ち会ってきました。 その経験を通して、感じたことは、法人の引越しは個人の引越しとは違い、たくさんの工夫ができる余地があり、上手な引越しのやり方を知ってさえいれば、誰でもコストを抑え、効率的かつ効果的な引越しができるということです。

そこで、今回は、私の20年以上の現場経験を踏まえて、「法人の引越し担当者のための失敗しないオフィス引越しマニュアル」として、1冊にまとめました。

ぜひ、引越しの前に熟読していただき、失敗しないだけでなく、新天地への素晴らしい第一歩を踏み出すための引越しができることに役立てていただけたらうれしく思います。