増税前の転勤は9月中旬までに行うと転勤費用が抑えられる

今年は消費税増税の影響で、9月後半には転勤が増えて引越し代金が高騰する可能性が高いです。

もし消費税増税前に転勤を考えている、企業は9月の中旬までにすると費用を抑える事ができるかもしれません。

2019年9月は引越し代金が高騰する

morving-Taxincrease03

2019年10月より消費税が増税となりますので、多くの企業が転勤を前倒しにしています。

例年であれば、9月というのは転勤はあまりおおは無いのですが、増税という事で今年は状況が変わると予想されています。

元々9月は、引越し自体があまり多くないので、比較的引越し代金は安くなる事が多いです。

しかし今年の9月は、引越し需要が高まりますので、例年の9月と違い、引越し価格が高騰をするでしょう。

企業転勤は9月の中旬までにしよう

morving-september

もし会社の意向で、増税前の転勤が決まった場合は、9月の中旬までに転勤を行うのがいいでしょう。

9月後半は、企業転勤がピークとなりますので引越し代金が一番高騰をするので、それまでに転勤を済ませる事で引越し代金を抑える事ができるでしょう。

早い段階で引越し予約をしておく

morving-september02

転勤先がわかっていれば、早い段階で引越しを予約する事もできる場合があります。

日程や、ある程度細かい居住地が分かっている必要がありますが、引越し価格が高騰する前に引越し予約をしておくことで、費用を抑える事ができます。

MEMO
実際に住居が決まっていなくても、引越し予約は可能ではありますが、実際に物件が決まり、物件の条件(エレベーターが無いやタワーマンション等)や道幅が狭くトラックが入れない等の場合は、料金が変わりますので注意が必要です。

引越し日が増税後の場合

引越しや転勤が増税後の10月以降の場合は、仮に増税前に引越しを申し込んでも、増税の影響を受けます。

その為、増税後に引越しになってしまう方は、無理に早く予約をするのではなく、じっくり考えて増税後の安い時期を狙うといいでしょう。

あえて増税後に引越し日をずらす

morving-octorber

引越しをする段階で、引越し価格が高騰してしまっていたら、増税後に転勤や引越し日をずらしてもいいでしょう。

恐らく増税後の10月-11月は、引越しや転勤が落ち着くので、引越し単価も下がります。
あえてそこを狙って引越しをする事で増税分は、仕方ないとしても引越し代金は抑える事ができるので、トータルで見ると費用を抑える事が出来るのです。

また年末から4月にかけて引越しの繁忙期へと、入って行くと引越し単価が高騰しますので、あえて転勤時期を少しずらし、引越し単価が下がってくる10月-11月に日程を向ける事で、会社としても大きく転勤費用を抑える事ができます。

まとめ

会社の意向で、増税前の転勤となっている場合は急いだほうがいいでしょう。
もし引越しの日取りが上手く調整できなかった場合は、日にちをずらすか引越し業者に相談をするといいですよ。

会社で転勤を早める議題が上がった際は、日程をずらす事や急ぐ事を提案してもいいかもしれません。