引越しが決まったらまずやるべき事とは?

morving-Importantthing

引越しは人によって、タイミングは様々です。急遽引越しが決まる方もいれば、事前から引越しが決まっている方もいます。

しかし引越しは、急遽でも早めに分かっていても、基本的にはやる事は大体同じです。

そこで今回は引越しが決まってから、まずやる事をご紹介します。

引越しが決まったら、まずは物件を決めよう

morving-Importantthing01

引越しが決まったら、まずは物件を決めましょう。

急遽の引越しの場合は、まずは引越しを予約しなくては、いけないと思うかもしれませんが、引越し先が決まっていないと、引越しを予約する事ができないのです。

注意
引越し料金は、引越し日や距離、引越し先の条件等でも料金を出しているので、引越し先が決まっていないと予約ができないのです。ある程度の情報が分かっている様であれば、予約はできますが正式に物件が決まって、物件の条件次第では、料金が変わってしまう事もあります。

引越し先の見ておくべき所

引越し前に物件を決める時には、必ず内見に行かれるかと思います。

そこで何点か注意してみておく事で、引越し業者とのやり取りがスムーズになるので、確認しておきましょう。

・エレベータの有無

・物件前の道幅の広さ

・部屋の間取り

今住んでいる物件へ退去連絡は必ずしよう

morving-Importantthing02

賃貸に住んでいる方は、現在住んでいる物件への連絡は、必ず忘れないようにしましょう。

一般的に退去連絡は、退去の1ヶ月前までと言われていますが、契約によっては1ヶ月以上前に通知しなけれいけない場合もあります。

また退去の連絡方法も、電話で問題ないのか、書面提出になるのか確認しておいた方がいいでしょう。

退去の立ち合いの日程を決めよう

引越し業者が決まり、引越し日が決まったら、不動産会社への連絡をして、立ち合いの日時を決めましょう。

退去の場合は、立ち合いが必要になりますので、忘れないようにしてください。

ライフラインの解約手続き

電気・ガス・水道の解約の手続きも忘れずに行うようにしましょう。

基本的には電話一本で済む場合が多いですが、ガスは閉栓の場合でも立ち合いが必要になり、立ち合いの日時を決める必要もあるので、特に引越し繁忙期の2月-4月は、早めに連絡をしておいてください。

駐車場の解約

意外と忘れがちになる、駐車場の解約手続きも忘れずに行いましょう。

解約の連絡が遅れてしまったりすると、翌月の賃料まで支払いを求められるケースがあります。

まとめ

引越しの場合は、この後から見積もりを取る事をオススメ致します。

物件が決まっていたりすれば、情報があるので正確な料金や、訪問見積もりの予定を組む事もできます。

早めに引越しを決めることで、退去の立ち合いの日時などを決める事ができ、スムーズに予定を組む事ができます。

また物件によって、条件が変わる事があるので、不動産などには早い段階で連絡をしておきましょう。