引越し時の大切なペットはどうしたらいいのでしょうか?

morving-pet

最近ではペット可の物件も増えてきていて、ペットを飼われている方が増えてきています。

ではペットを飼われている方の引越しは、どうしたらいいのでしょうか?

ペットも大事な家族の一員ですので、なるべくストレスをかけたくないですよね。

今回はペットがいる方の引越しについて紹介します。

ペットを運ぶ方法は3種類ある

morving-point-pet

大切な家族の一員のペットを運ぶ方法は、3種類あります。

それぞれを紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

ペット輸送が出来る引越し業者に依頼する

ペット輸送専門の業者に依頼する

ペットを自分たちで輸送する

ペット輸送が出来る引越し業者に依頼する

morving-pet01

ペット輸送が可能な引越し業者であれば、引越しと一緒にペット輸送を依頼が出来るので、他の業者を探す手間を省く事ができるでしょう。

しかし引越し業者によっては、ペットを運ぶ事の出来ない引越し業者も多くあります。

また引越し業者でもペット輸送によって、追加代金も発生したり、ペットの種類によっては輸送する事ができない場合があります。

ペット専門の輸送業者に依頼する

morving-pet02

長距離の引越しの場合や自分たちで輸送の難しい魚類は、ペット専門の輸送業者に依頼するのがいいでしょう。

ペット専門の輸送業者の場合、ほぼ全国で輸送が可能ですし、専門で取り扱っているので安心して預ける事ができます。

業者によってサービス内容も異なりますので、問い合わせて確認をしてみましょう。

魚類の輸送が必要な場合は、水質の問題などもあるので、専門の輸送業者に依頼する事をオススメします。

注意
ペット専門の輸送業者によっては、同伴で輸送が出来る業者があるので、心配な方はそういった業者がオススメです。

ペットを自分たちで輸送する

morving-pet03

中距離や短距離での引越しの場合は、自分たちでペットを車や公共交通機関でも輸送ができます。

長距離の引越しの場合は、ストレスでペットの体調が崩れてしまったりするので、なるべく避けた方がいいでしょう。

車でペットを輸送する場合

自分でペットを輸送する場合は、自家用車での輸送が一番ペットにもストレスを与えない方法となります。

普段から一緒にいる家族とも一緒にいるので、ペットも安心するでしょう。

また車でペットを輸送する場合は、運転の邪魔にならないように専用のキャリーバックに入れたり、ネットを使う等してください。

公共交通機関を使う場合

公共交通機関を使う場合は、持ち込めない大きさの動物や種類がありますので、事前に確認をしておきましょう。

もし公共交通機関を使う場合は、こまめに休憩等を取ってあげてくださいね。

まとめ

距離によってペットの輸送をどうするか考えると同時に、なるべくストレスがかからないように、輸送をしてあげる事が大事です。

ペットの性格は、飼い主のあなたにしか分からないので、気になる事は専門の業者に尋ねるといいでしょう。