やらないと進まない・・・引っ越しで面倒だと思うこと3選

進学や転勤にともなって、引っ越しをする人が必ず思うこと。
それは、「引っ越しって面倒くさい・・・。」
引っ越しは、意外とやらなければならないことがたくさんあり、普段の社会生活を送りながらだと、かなり負担になることも。今回は多くの人が「面倒くさい!」と感じることや、そんな人にオススメしたい「まったく面倒くさくない引っ越し」をご紹介します。

タイミングや計画が必要!片付けや荷造りが面倒くさい・・・

pallet-1665471_640 (3)

・粗大ごみの処分
引っ越しの準備のために、要らないものなどを選別していると、もう使わない不用品がたくさん出てくることがあります。そんな不用品の中でも、処分が大変なのが粗大ゴミです。地方自治体や、市区町村によっては月に数回しか引きとってもらえる日がない場合があったり、粗大ゴミを処分するためのシールを購入する必要があります。回収してもらえる粗大ゴミの種類は決まっているため、回収できないものは役所へ連絡して確認しなければなりません。

・荷造り
引っ越し業者に連絡をすると、無料か有料で荷造り用のダンボールをもらうことができます。もし、業者からもらわない場合は近くのスーパーなどで、大きなダンボールを家まで持って帰る必要があるので大変です。引っ越し当日まで生活する上で使うものは梱包してはいけませんが、うっかり梱包してしまい、せっかくガムテープで封を閉じたのに開けなければならないこともあります。梱包するタイミングも大切になります。

引っ越し業者の見積りやその他の手続きが面倒くさい・・・

2_midashi2

・引っ越しの見積もり
引っ越しをする上で、料金の見積りはとても大切になります。
インターネットで何社も料金を確認し、安い業者を探すのは一番面倒くさい作業かもしれません。
相見積もりを取る業者の数が多いほど、安い料金のところを利用できますが、毎回引っ越しの荷物を伝える必要があるなど、手間がかかります。
また、時期や業者によっては見積もりの返事が遅いなど、なかなか思い通りに進まないケースもあります。

・電気・水道・ガスなどの手続き
引っ越しする日が決まったら、今まで住んでいたところの電気・水道・ガスを止める申請をして、同時に引っ越し先で使えるようにするための申請が必要です。
インターネットや電話の契約をする場合は、各会社に連絡をして必要な書類を提出する必要があります。
他にも、住民票を移すための転出届を取りに行ったり、引っ越し後にスムーズに手続きができるよう、準備をしておく必要があります。

引っ越し当日!これが面倒くさい・・・

2_midashi3

・家具・家電の配置
転居先に運び入れた家具や家電を自力で組み立てたり、設置したりすることは想像以上に難しいもの。
洗濯機などは重たくて、女性の場合は設置することが難しいかもしれません。
ベッドや机などの家具の組み立て方を間違えて使えなかったり、ペンチやドライバーの使い方が分からない、一人では組み立て辛いなど引っ越しして初めてその大変さに気づくことがあります。
大型家具の設置についても、一人だとなかなか大変です。

・荷ほどき
引っ越し当日は、ほっと一息つくまもなく、荷ほどき作業をしなければなりません。
すぐに必要になるものと、そうでないものを考えながら荷ほどきをしたり、引っ越し先の棚を全て綺麗に拭いてからしまわないといけないなど、時間がかかります。
荷物の整理ができないまま、次の日から仕事だったりすると、1週間ずっとダンボールが積んだままの状態になってしまうことも。

まとめ

実際に引っ越しをした人は分かりますが、引っ越しはさまざまな場面で「面倒くさい!」と感じることが多々あります。
時間がかかるので、体力が消耗されたり、分からないことに戸惑ったりすることも少なくありません。
少しでもその面倒くささを軽減したい・・・という方にオススメなのが、スタームービングが提供するサービスです。
スタームービングでは、最低限の条件でネットで簡単に引っ越しの見積もりができ、片付けから荷造り、引っ越し、家電の設置、荷ほどきまで一貫して行っているので、引っ越しの「面倒くさい!」を解消することができます!
引っ越しはできるだけスムーズに行いたい!という方は、ぜひ検討してみてください。

追加料金のない明瞭なお見積りはこちら【24時間受付中!】

この記事が気に入ったらシェアしてね!